フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 夫の居ぬ間に | トップページ | Warum? と言われても・・・ »

初めてのティーセレモニー

Dscf2839


先日、某日本人が主催したお茶会に参加する機会があったので、きもので出席した。
これはドイツと日本の交流を深めましょう~という目的で、主にドイツ人相手に茶道を披露するというもの。

模擬的なお茶会とはいえ、それに参加すること自体が初めてだったのでとても楽しみだった。


Dscf2828

ホテルのレストランスペースが茶室に変身~~~っ。
お道具は日本から今回のために持ってきたもので、お茶の先生もわざわざ日本から来独していた。

茶道の精神である「和、敬、清、寂」の説明からはじまり、ゲストが入室。掛け軸に向かって礼をして、お茶をたてる人がお道具を清めて、ゲストが「本日のテーマは?」などと問うておる(ちょっと言葉が違うけど)。
お茶を飲んだらしげしげと器を眺め、質問-「どちらのお作で?」
回答-「○○県の○○焼き、○○の作でございます」

ついでにお道具拝見というのもあって、質問-「そちらのなつめが大変美しいのですが、それはどちらの~でしょうか?」
回答-「本日は夏ということで、○○○○○○○○を込めております」

あ、もうダメ。
あのね、茶道はとても素晴らしいと思うの。お花や着物、その他のお道具や日本人の精神を総合的に会得できる素晴らしい芸だと思うの。
でも、私にはさわりだけでいいかなーっ。



Dscf2829

久々に食べた和菓子がたまらなく美味しくて・・・。
余ったら私にくれないかしら?って思ってたんだけど、おこぼれは無かった(笑)。


Dscf2847

でも帰り際に紫陽花に見立てた金平糖をいただいた。
なんて綺麗!!
こちらの情緒に欠けるパッケージとは比較にならないわ。やっぱり日本最高~♪


ちなみに今回、表千家と裏千家両方の先生が来ていたのだけど、同じ席でお茶をたてることもあるのね~。
も~てっきり敵対しているのかと思った(笑)。


Dscf2842



●本日のきもの●

きもの:紗の夏のきもの。表は黒地だが裏に赤糸を使っているので透けた時のシックな雰囲気がお気に入り。

帯:白地に淡い模様が入った夏帯

帯締め:陶製の帯留めがついたシンプルな黒帯締め。お茶会ということで全体的にシックな印象になるように・・・と思い。


Dscf2844


★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 夫の居ぬ間に | トップページ | Warum? と言われても・・・ »

コメント

ウンチクっぽくなるもんねぇ‥。
長男・長女は幼稚園で年長になると茶道教室があるので、
姿勢や作法の一連をキチンと学び、良い機会だと思ってるよv(・∀・)
相変わらずサラッと着物を着こなしてて良いねぇ

茶道って、よく知りませんが、こう相手を持ち上げるような礼儀やら何やらがありますよね。実はかみさんの母が茶道教室を開けるほどの腕前を持っています!!
ですが、「面倒だからしない」って(笑)
でも、市主催のお茶会(花見など)があると参加したりして、お茶を振舞っています。一体どのような経路で連絡がくるのかまでは把握してません。ほんの何回か、作法に則ってお茶を入れてもらいましたが、奥が深いのは分かりました。


>ichiroさん

茶道は奥が深いですよね。基本だけおさえておいて、後は楽しく飲めたらいいのですが、お茶道具を揃えたり、着物のしきたりがどうの・・・というのはちょっと大変ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夫の居ぬ間に | トップページ | Warum? と言われても・・・ »