フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

なんでしょ、この天気

いつも読んでいただいている方、ポチッとクリックしてくださっている方、たまたま迷い込んだ方、うおこのブログへのご訪問ありがとうございます。
更新を少し怠りがちだったのにここ数日アクセスが増えて多くの方が読んでくれているようです。
更新の励みになります、ありがとうございます♪


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪




毎日「ドイツの夏は終了しました」というような天気が続いている。
今日はかろうじて青空がのぞいていたけれど、夏はどこへ?



カムバーーーーーック サーモン~!!

じゃなくって(←すみません、道産子なもので・・・)、カムバーック サマー!!




話変わって、語学学校に
カザフスタン出身の21歳の女の子が仲間入りした。
おおっ!初のアジア圏の人・・・・(←ちょっと仲間意識)


しかし母国語はロシア語で、中央アジアの中でも特にヨーロッパの文化圏に近い国だそうで。英語も話せちゃう彼女は、すぐに英語&ロシア語を話せるみんなと仲良しに。

そんな彼女とお天気や気候について話してみた。

私:「私は日本の北の方に住んでいたの。冬はとても寒くて、マイナス20℃にもなるのよ~。」

彼女:「カザフスタンは大きな国だから場所によって気温が全然違うの。マイナス20℃?暖かいわね。こちらはマイナス40℃になるわ。私はね、シベリアで生まれたの。」


寒っ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

シシシ、シベリアって・・・・。
おみそれいたしやした。生ぬるいこと言って、大変失礼いたしやした。(*_ _)人ゴメンナサイ



それにしても夏は復活するのだろうか?



★皆さんのおかげでランキング上昇中♪応援ありがとうございます★

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツでしか使わない

旦那さまから、会社で使わなくなった布サンプルをもらった。
何を作ろう・・・。
せっかくハトメが付いているのでこれを活かして・・・。

Dscf2781


袋状にチクチク縫って・・・。

Dscf2782


紐を付けて中身を入れて出来上がり。

Dscf2785

巨大お守りではありません。


使うときはこのように、サクッと窓に挟みます。
窓開閉防止クッションです・・・。

Dscf2787



ドイツの窓ってば、上がパカッと手前に倒れる形で少しだけ開けることができる。
が、風が強く吹いたり、窓を2、3箇所開けていると風の流れで


バッタンバッタン!

いって開閉しちゃうのね。
それもけっこう近所迷惑な音で。


今まで雑巾を挟んでいたんだけどそれも見栄えが悪いしねぇ。
ということで増殖中(笑)。

Dscf2794


袋の中身は穴が開いてゴミ箱行きとなった靴下。
お洗濯もできるし、主婦の知恵?!(ただの貧乏性とも言う)


ドイツでしか使わないな、コレ。


★ケチケチ主婦が行く。(^-^;そんなブログにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

食べたかもしれない

旦那さまの会社の同僚から、庭で採れたというサクランボをもらった。
アメリカンブラックチェリーみたいに色も味も濃い(てゆーか、こっちにはそういうのしか無い)のだが、まぁまぁおいしく食べていた。

しばらくしてよく見ると、体長2~3ミリほどの白いものがサクランボの上をもそもそ這い回っているではありませんか。実からにょろっと顔を出している奴もいる。


こここ、これはもしや・・・・毛虫、イモムシの類なのでは・・・


食べたよね。既に食べちゃったよね。
もったいないが残りは全てゴミ箱へ。( ̄__ ̄;)

はぁ~~~っ 時既に遅し。 あまり考えないようにしよう。


そういえば去年も同じ人から同じように庭で採れたというアプリコットだったか桃を大量にいただいた。
皮をむいていたら、同じように白いモソモソした虫が中に入っており、全て廃棄したのを思い出しました。

自分で育てているものだから農薬なんて使っていないのだろうけど・・・虫が入っているものを他人にあげるか?フツー。
それとも彼ら、果物の皮をあまり剥かないから気付いてない?!
(リンゴはもちろんのこと、アプリコットとかビワとかもさもさしている皮も剥かないのだ)

はたまた、小さな虫なんぞたいした問題ではないから気にしない、とか・・・。

そんな小さなものだから健康的には悪くないとしても、精神的に悪い。



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

旅行から戻って

日本から遊びにきている義母らを連れて電車の旅へ行ってきた(この記事は後日)。
その間、脱水症状で危ぶまれたトマトもなんとか一命をとりとめ、ちょっとだけ花を咲かせている。

今回の旅行は、いいお天気に恵まれて「世界の車窓から」ばりの美しい景色&見るものを圧倒する荘厳な教会、情緒漂う中世のお城などなど盛り沢山の内容。
初めて外国というものを見た9歳の姪っ子にはいい刺激だったのではないだろうか。

と、思ったんだけど。彼女が友達への絵葉書に書いた内容は


「食事の時に蝿が飛んでてしつこかった」


そ、そこか?(笑)

冷房も無いレストランの室内で食事できるはずもなく、ほとんどオープンテラスで食事をしたから蝿がすごかったのは事実なんだけど。
子供の視点って面白いなぁ。


Dscf2922

彼らが来た時のスーツケース。
半分は日本食!
ブラボー!!!



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

赤十字に寄付を

ドイツには「不要になった服や靴を赤十字に寄付しましょう」という制度がある。


1_2

こんな箱が住宅街のいたるところに設置されている。



2_2

我が家もちょっとだけ協力を・・・。


3_2

そうすると定期的にトラックで回収にやってくる。
集まった衣類はそれを必要としている国などに贈られるそうだ。

うん、いい制度だよね。ただ捨ててしまうよりは。



でも、でも・・・。

人々の様子を見ていると、中には若干ゴミ箱として利用している人がいるのでは?って思う。
関係のない物や、どう見てもボロくて再活用しないだろう・・・と思えるものが箱の前に置かれていて雨に濡れていたりする時もある。
それを見てしまうと悲しくなってしまう。

しかし実態はいろいろ問題もありそうだけど、そういう制度が成り立っているのはいいことだ。


そうそう、今年2010年は赤十字社創設者であるアンリ・デュナンの没後100年に当たるそうだ。お隣の国スイスでは記念行事も開催しているとか。



★いつもご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本食はどう食べる?

日本食はドイツ人にも人気のようだが、あまりにも違いすぎて食べ方がよくわからないらしい。
先日、日本人がわんさかいるデュッセルドルフに行った時のこと。

日本人が経営する丼物中心の定食屋さんに行った。
慣れないお箸を駆使して食事するドイツ人を観察するのはとても愉快♪( ̄ー ̄)ニヤリ


エビフライ定食らしきものを頼んだ若い男の子。
お皿にエビフライとサラダが乗っていたのだが、サラダだけ先にたいらげてしまった。

えっ、もしかして前菜だと思ってる?

その後エビフライを食べ・・・どうしていいかわからない様子でご飯をちまちまとつっついている。
どんぶりに盛られたご飯はいっこうに減る様子はない。
そりゃあご飯だけ食べても味はしないよね。
“三角食べ”なんて概念は彼らに存在しないからね。



で、向かいの席に座っていた彼の母親はというと・・・
ご飯をすくう→ソースでドボドボになったお皿の上にご飯を浸ける→口に運ぶ。


え゛っ 逆でしょ~~~~っΣ(;・∀・)


あの、フツーはですね、おかずに付いたソースなどをちょっと取るためにご飯の上に一度着地させてから口に運ぶんだよ・・・。
ご飯に味が無くて食べられないのでしょうね・・・。



ふと隣を見るとうどんを食べるお姉ちゃん。
お箸を使うことを断念したらしく、右手にフォークを握りしめている。
そして左手で持った蓮華の上でフォークをくるくると回して麺を巻きつけている。

・・・・いや、違うぞ、明らかに間違っているぞ、その食べ方はっ。(ノ∀`) アチャー


十分に味が付いているおかずにお醤油やソースをどっぱりかけちゃったり、お寿司の上から直接お醤油をかけちゃって、その後素手でつまんで手を汚しているのは仕方ない。
ご飯のどんぶりを手で持って食べられるようになれば日本食中級者かな。
(食器は持ち上げないのが彼らの基本だから)


おっと、お味噌汁にスプーンを入れて飲んでる人発見!
ま、まぁ、スープといえばスープなんだからそれでもいいけどさ・・・。


★今日もご訪問ありがとうございます。コメントの返信が遅くなるかもしれませんが、ポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツのゴミ箱

ドイツって、ゴミの分別厳しいイメージがあった。
でも案外そうでもないかも?


大きく分けると

●燃えるゴミ
●燃えないゴミ
●紙類
●瓶(更に色ごとに種分け)
●缶
●ペットボトル


日本と大して変わらない。いやそれよりも有料ゴミ袋もないし、発砲スチロールのトレーとかほとんど存在しないし、むしろ楽チン。


なによりも一番いいのはゴミを
いつ出してもいいということだ。
どの曜日、どの時間帯に出そうがあなたの自由~♪なんて素晴らしいんでしょ。


「あなた!会社行くついでにゴミ出して行ってよ!」
なんていう朝の光景は無いかも?


1

それが実現できるというのも、分別されたゴミ箱が設置されているからだ。
ウチの近くにあるのはこんなかんじ(冬に撮影したもので恐縮ですが・・・)。

奥のいのが古紙専用(紙、ダンボール、新聞紙など)。
手前のドーム型が瓶と缶専用ゴミ箱。
黄色
茶色透明に分別。住人が捨てる時点でリサイクルしやすいよう分別しているのね。



2

こちらが燃えるゴミ、燃えないゴミ専用。たいていポリバケツを大きくしたようなプラスチックケースでできている。
蓋が付いているのでカラスに荒らされることは無い。


・・・が、ここに落とし穴が。


夏は
かぐわしい香り が・・・

スゴイ。(´;ω;`)ウウ・・・


このゴミ箱はけっこう巨大で、上にパカッと開けるタイプの蓋はちょうど私の胸の高さに位置する(私の身長:160cm)。

つまりー、蓋を開けようとすると既に周囲に蝿が飛び交っていて、それだけでも引いてしまうのに、開けたとたん臭いと蝿が
ぶわ~~~っと顔をめがけて来るのよ!!


ひぃ~っ!!(@Д@;



3

ちなみに瓶・缶・紙の回収の仕方がユニーク。
ゴミ箱の上に円形の取っ手が付いているのがわかりますか?



4

回収日にトラックが
ゴゴーーンとやってきて、クレーンでゴミ箱ごとぐわっと持ち上げる。

そうするとゴミ箱の底が
パカッと開いて中身が荷台に
どしゃーーーーっと落ちる。
以上、完了!


瓶の回収の時なんて、


ガシャン!グワガシャガシャ~~~~!!!

と、なかなかの迫力よ♪


蝿さえいなくなればこのシステム最高なのに。



★今日もご訪問ありがとうございます。コメントの返信が遅くなるかもしれませんが、ポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

トマトの運命

日本から旦那さまの家族が遊びに来た。
彼らを連れて5日間ほど旅行に行くのだが、問題がひとつ。

猛暑真っ盛りのドイツ、いったい誰が家の植物に水をやってくれるのか・・・?

家の鍵や植物を託すほど親しい友人が近所に居るはずもなく。
よって、導き出した答えはひとつ。




・・・・放置。


テラスの花壇に植えてある花々は、「もしかしたら雨が降るかもしれない」という淡い可能性に賭け、室内の観葉植物はたっぷり水を与えた状態で日陰に移動。
後は自力で生き延びてくれるよう祈るのみ。

プランターで育てている家庭菜園は、全滅しても悔いの無いように食べきる!

最大の難関はプランターのトマト。
やっと花が咲き出しだばかりなので、事前に収穫をすることもできず。
日陰の室内に移動させるべきか?
しかしネットで育て方を検索すると、日照不足はよろしくないとか。風通しをよくすることも大切なようだ。
それにテラスに置いておけばもしかしたら雨が降って水分補給になるかも?

いやしかし、ウチのテラスは午後に陽が当たりまくるのでそれこそ1日で土はカラッカラになってしまう。


Dscf2883

しかもこんなにあるの・・・。テラス、大混雑!(笑)

さあ、トマトの運命やいかに?




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

こちらのアイスコーヒーとは

ここにきて夏ばてしたか、なんだか元気がない。
暑いけど甘いものをガツガツ食べたくなる。

で、「たまにはいいだろう」という妥協(言い訳とも言う)を自分に与え、マックに行った。
その辺で売っているケーキより、マックカフェの方がよっぽど美味しい。
チーズケーキとアイスコーヒーを注文。


Dscf2889

????????これ、アイスコーヒーか?

白~いかんじになっているけど、これがマックカフェで出している立派なアイスコーヒー。
普通のコーヒーに牛乳と氷を投入、その上にホイップした生クリームをたっぷり載せて出来上がり。


甘い・・・・。


また別のカフェで飲んだものは、コーヒーの上にバニラアイスが浮かび、その上に生クリームが乗っていた。こちらには氷が無かったので若干ぬるい・・・。


とにかく日本のとはエライ違いだ。
シロップとミルクが添えられた、苦いほど濃~いかんじのアイスコーヒーではない。
というか、日本でいうところの「アイスコーヒー」は存在しない。

では私が注文したのは何か?
これは「アイスカフェ」という名の全く別物らしい。


夏の暑い盛り、クーラーも効いていない蒸し風呂のようなカフェで熱いコーヒーなんぞ飲めますか?
→いいえ。

もちろん日本のように、座っただけで冷たい水が出てくることは皆無ですよ?
→じゃあジュースか何かを・・・。

コーラかファンタオレンジになりますけど?
(フレッシュジュースを置いているところもあるが、たいていは炭酸ジュース)
→私、炭酸あまり好きじゃなくて・・・

じゃあアイスカフェかアイスショコラーデにします?
→・・・・・。甘い・・・。

という図式になってしまうのね。シクシクシク・・・。
夏のカフェってくつろげない。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




1_2

オマケ。
一昨日、虹を見た。
すごく大きくて、2重になってて、虹の内側が黄色の空で、綺麗だけど不気味な。


Dscf28981




★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

うだる

“うだる”
漢字で書くと“茹だる”


Dscf2884

こちら、実家の母から頂いた七宝焼きの温度計。
涼しげな色でなかなか素敵でございましょ?

目の良い方は目盛りにご注目。


・・・・・ちょうど30℃でございます。
ええ、もちろん、室内でございます。 ヤッテラレンワ…ヽ(○´3`)ノ フッ

クーラーはおろか、扇風機も無い我が家のリビングルームはただいま30℃をお知らせしております。




心頭滅却すれば火もまた凉し。


んな、あほな。
そんな境地にたどり着く前に心が折れるわ。


暑い。暑くてたまらない。
窓を開けても熱風が吹いてくる。ちなみに外は38℃
茹で人間状態。


やっと陽が沈んだので窓を開けたら、暑さを増徴させる白熱灯に導かれて大量の虫が部屋へ侵入してきた(ドイツの窓に網戸なんてものは備え付けられていない)。

情けは無用。
天井や壁にへばり付いているそいつらを掃除機でガンガン吸い込む。
(-_-X)


少しでも涼しくなりましょう・・・と思って冷やした果物を食べた。
こっちで売っている果物って、ものすごーく当たりハズレがある。それが外見ではわからないのが厄介だ。
今日食べたのも1つは美味しかったが他のは味が無かった。


旦那さまが一言、

「ワイン用の葡萄だけだな」。

私:「何が?」

夫:「ドイツ人が丹精込めて作ってるの。」


あぁ・・・納得(笑)。(゚▽゚*)
あ、そういうお仕事に従事されているドイツ人の方、すみませんね。
でも本当なんですもの。
品質にものすごくばらつきがあるしー、水っぽいしー、パサッとしてるしー。
値段が安いからまだ許せるものの、スイカ&メロンは絶対買わない果物ランキングの上位を占めている。


「あまおうが食べたい」


旦那さまの戯言はスルーさせていただきます。(-_-;)




さて、サッカーワールドカップ、ドイツ3位になった。
有終の美を飾れてよかったなぁ。駐在員としてこっちに滞在している間にワールドカップがあるなんて。サッカー王国ドイツの熱を直に感じることができた。

おめでとう!ドイツ!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*



★暑さで体調崩さずに、毎日ブログに遊びにきてね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

エロおやじ

夏だからね、みんな露出度が激しいの。
それにドイツ人をはじめとする欧米人は日焼けなんて気にしないし、暑がりだし、とにかく肌をさらすのね。
ま、それはいいのだけど、ご存知のとおり彼らって起伏が激しいのよね、身体全体の。


日本でも最近の若い子は(この台詞を言う時点でオバサン化しているのだが・・・)欧米人並の体格の子もたくさんいる。

いやでもね、やっぱり比較になりませんのよ。
なんていうか迫力が違うの。
彼らは私の目を釘付けにする引力を持っているみたい。



まずその高い鼻!!(゚0゚)

なんでそんなにびしーーーーっと鼻筋が通っているの?いや、鼻が高いというか目が奥まっているの?顔を正面に向けたまま横目使いをしたら鼻が邪魔で視界悪くない?




そしてその目!!((・(ェ)・;))

なんだその色は。あ、私ちょっと色にこだわりのある人なもんだから、そのつかみ所の無い不思議なブルーグレーの瞳をついつい見てしまうのね。





それから胸!!( ̄◆ ̄;)

こちら10代の女子高生だろうが、かなりご高齢のお婆ちゃんだろうが、はてしなく巨漢に近いむちむちの人だろうが、胸の谷間見せは当たり前に行われております。
基本がそういう服装です。

だからいちいち驚くことではないのだけど、我ら人間というもの、見たことが無いものに対しては何度も確認してしまいません?

なんだその大きさは?メロンを二つ隠し持っているのか?
懐疑の念と幾ばくかの羨望の念を持って、

その 
がつく胸を凝視してしまうのよ!



って、鼻息荒く旦那さまに話したら、


「エロおやじか!」(-_-X)


と、一蹴された・・・。


だってー・・・・・・。
遺伝子でこうも違うものかと、ついつい興味津々に・・・(オバタリアン街道まっしぐら~♪)




★今日もご訪問ありがとうございます。くだらない内容ですみませ~ん★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Warum? と言われても・・・

誰かがくしゃみをしたとき、ドイツでは周囲の人がGesundheit」と声をかける。「お大事に」という意味合いで使っていると思われる。

語学学校の先生が「あなたたちの国ではなんと言うの?」と聞いてきた。
英語では「Bless you」。
スペイン語、チェコ語、フランス語、トルコ語と続き・・・で、日本語は?と。


・・・・・・・「何も言わないけど」。((・(ェ)・;))


すかさず「Warum?!(何故っ?)」って全員に驚かれた。

なんでって言われてもねぇ。
言わないものは言わないんだもん。
くしゃみしたのが友人で、明らかに風邪でもひいてるっていうなら「お大事に」と言わなくもないけれど。



別件でもWarum?って言われた。
授業で「Doch」の使い方が理解できなくてねぇ。

否定疑問文って英語でもやりましたよね。「○○を持っていませんよね?」的な疑問文。
日本語だと「はい、持っていません」または「いいえ、持っています」。
なんだけどぉ~、ドイツ語では「Nein,(いいえ) ich habe nicht・・・(持っていません)」または「Doch,(はい) ich habe・・・(持っています)」。

「Doch」は「Ja(はい)」の意味なんだよ、と周りの生徒も教えてくれるのだが、日本語と逆だからますますわからなくなる。

「あのね、先生の言うことは理解できたんだけど、日本語では持っているときは“いいえ”って言うの。だからわからなくなるの。」

すかさず、「Warum?」

・・・・・・・知らんけど。そう言うんだもん・・・。(´ρ`)ぽか~ん


周りのみんなも何故私が混乱しているのかわからないようだ。
それぞれ出身国は違えど、特に欧米圏では言葉も文化も互いに似てるところがあるんだなって思う。
誰か~~~~っ アジア圏の私の苦悩を理解しておくれよぉ~~~~っ。




★ブログと共にドイツ語もがんばります。ポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

初めてのティーセレモニー

Dscf2839


先日、某日本人が主催したお茶会に参加する機会があったので、きもので出席した。
これはドイツと日本の交流を深めましょう~という目的で、主にドイツ人相手に茶道を披露するというもの。

模擬的なお茶会とはいえ、それに参加すること自体が初めてだったのでとても楽しみだった。


Dscf2828

ホテルのレストランスペースが茶室に変身~~~っ。
お道具は日本から今回のために持ってきたもので、お茶の先生もわざわざ日本から来独していた。

茶道の精神である「和、敬、清、寂」の説明からはじまり、ゲストが入室。掛け軸に向かって礼をして、お茶をたてる人がお道具を清めて、ゲストが「本日のテーマは?」などと問うておる(ちょっと言葉が違うけど)。
お茶を飲んだらしげしげと器を眺め、質問-「どちらのお作で?」
回答-「○○県の○○焼き、○○の作でございます」

ついでにお道具拝見というのもあって、質問-「そちらのなつめが大変美しいのですが、それはどちらの~でしょうか?」
回答-「本日は夏ということで、○○○○○○○○を込めております」

あ、もうダメ。
あのね、茶道はとても素晴らしいと思うの。お花や着物、その他のお道具や日本人の精神を総合的に会得できる素晴らしい芸だと思うの。
でも、私にはさわりだけでいいかなーっ。



Dscf2829

久々に食べた和菓子がたまらなく美味しくて・・・。
余ったら私にくれないかしら?って思ってたんだけど、おこぼれは無かった(笑)。


Dscf2847

でも帰り際に紫陽花に見立てた金平糖をいただいた。
なんて綺麗!!
こちらの情緒に欠けるパッケージとは比較にならないわ。やっぱり日本最高~♪


ちなみに今回、表千家と裏千家両方の先生が来ていたのだけど、同じ席でお茶をたてることもあるのね~。
も~てっきり敵対しているのかと思った(笑)。


Dscf2842



●本日のきもの●

きもの:紗の夏のきもの。表は黒地だが裏に赤糸を使っているので透けた時のシックな雰囲気がお気に入り。

帯:白地に淡い模様が入った夏帯

帯締め:陶製の帯留めがついたシンプルな黒帯締め。お茶会ということで全体的にシックな印象になるように・・・と思い。


Dscf2844


★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

夫の居ぬ間に

泊りがけの出張で夫の居ぬ間に、妻が何をしてたかってゆーと・・・


(今更)結婚式のビデオ観賞。


挙式してすぐにドイツに来てしまった私たちは、後日実家に納品された披露宴のアルバムだのDVDだのを一切見ていない。
5月に家族が来た時に持ってきてもらったDVDを結婚1年数ヶ月目にしてようやく見ることになったのだ(笑)。


がっ、殿方にありがちなのが・・・


そういうものに興味が無い。



1回くらい観てみたい私としては、夫の留守を狙って一人上映会を開催したわけで。


気分的に酔いしれるためにもワインは欠かせず・・・。
テラスで一人、パソコンにて観賞。


Dscf2859

神社で挙式したので、太鼓やピロロ~♪っていう笛の音をご近所のドイツ人にも聴かせてあげました(笑)。


・・・・しかしこの結婚式のビデオって、全て満足、納得っていう人はいるのだろうか?
私なんて緊張していたのか、異常に瞬きが多く視線も定まらず、ただの挙動不審人物なんですけど?(^-^;

自分が被った綿帽子の高さがわかっておらず、神殿入口の低い鴨居に頭ぶつけて帽子が脱げそうになっているのがバッチリ映っていたり。
おまけに旦那さまがドレスの裾を踏んづけたせいで胸から少しずり落ちて、それを必死に気にしている様子とか・・・。


後から観ると笑えます。(゚m゚*)



ま、それは抜きにしても、やっぱりこのDVDいいかも。
従兄弟が弾いてくれたピアノの生演奏に乗せて、両家の両親や列席者のたくさんの笑顔がそこにあった。
微笑が連鎖して一緒に笑い、誓い、祈り、時には涙を滲ませた。


Dscf2863_2


こんな素敵なお祝いの言葉もいただいた。
私たちの場合は単に結婚したということだけではなくて、国を離れるという、まさに大いなる旅立ちだ。新婚時代を海外で過ごすことはとても貴重な時間。
人との出会い、本物を観ること、美しいものを美しいと感じること。また、外から日本を見ること。
それは感性を磨く時間であり、人生の大きな財産になる。
さらに広がる人生をどれほど豊かにするかを期待したい・・・・。


頑張らなくては、ね。


Dscf2864


一人鑑賞会はまだ続く・・・



★何事も初心を忘れずに頑張りたいと思います・・・が、現実はどうか?★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツ正念場!とバナナ自販機

いよいよ今日はサッカーワールドカップのドイツ戦。
強豪アルゼンチンとの試合。ドイツ、勝てるか?


Dscf2855

相変わらず、「ここまでするか?」とツッコミたくなるようなグッズが溢れるドイツ。
毛糸屋さんのショーウィンドウにドイツ国旗色の毛糸。
ドイツのサッカー熱、計りしれん・・・。



話変わって、日本では「バナナ自販機」なるものが設置されたんだってね。
それを紹介する記事の中に、女子高生のこんなコメントが書かれていた。

「今まで路上でバナナを食べたことはなかったが、これからはここ(バナナ自販機)で買って食べるかも」


ん?路上でバナナ?
そんな人ドイツにはいっぱいおるでー。( ̄▽ ̄)

バナナに限らずリンゴ、アプリコットなど電車の中だろうが歩きながらだろうが普通に食べてます、ハイ。
ごく稀にタッパーから人参取り出してガリガリやってる人も。


しかし1本130円なんて高っ!
ドイツでは無理だなーこりゃ。



★ドイツサッカーとともにブログも応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

暑い・・・

ここ数日、いい陽気・・・いやいや、すごい熱気。

明日なんて37℃になるとか。
北海道出身のワタクシは初めての暑さなのではないかしら?


語学学校で一緒のアフリカ出身の男の子もさすがに驚いていた模様。

うーん、でもこのアフリア出身の男の子にしろ、コロンビア出身の女の子にしろ、実はドイツの方が暑いくらいなのだということだ。
赤道付近の国だなんてさぞかし暑いだろうと思っていたのだが、1年を通して気温の変化はさほどなく、乾燥もしているのでわりと爽やかなんだとか。
全体が暑い国、というよりも高度による影響が大きいようだ。



その彼女にラベンダーの花を指差して知っているか聞いてみた。

先日までいい香りを放っていたこの花も、連日の熱気ですっかりやられ気味

そうだろうとは思ったが、もちろん答えはNO. ラベンダーを知らないらしい。


Dscf2867


こうも陽射しが強いと散歩に行く気にもなれず、これといっていい写真が無いので面白ろ写真をお届け・・・。



Dscf2684

抹茶坊主・・・



Dscf2777

こちらは金髪オニギリ・・・・



★今日もご訪問ありがとうございます。ついでにポチっと応援宜しくね♪★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »