フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

枯庭に花を咲かせようプロジェクト

全く植物に関心のない旦那さま。
少しは遠慮しています・・・の姿勢を見せるため、出来るだけお金をかけない庭造りを目指します。

テラス整備に必要なものは基本、

「もらう・拾う・作る」(←これ重要)


まずは超手抜き土作り。
使用済みのコーヒーの粉を乾燥させ、それを土に混ぜるといいと聞いたことがあるので早速実践。

香り高い土が完成~。(←ホンマか?)


Dscf2642

花たちを買ってきてセンスよく配置・・・というよりごちゃごちゃしているような?



★花がたくさん咲きますように。今日もポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

春の交通安全運動?

一昨日、ドイツ全土で警察によるスピード違反の取締りが行われた。

私の住むラインラント・プファルツ州だけで約6000件も検挙されたそうだ。
その餌食の一人がウチの旦那さまだったりするのだが・・・。



・・・(-ε-)


ベルギーまでの日帰り出張で急いでいたところ、高い記念撮影をしてしまったということで。
その瞬間、彼は

「謝意背っ!!」

と思ったんだそうな(↑わかる人にはわかるよね?(゚▽゚*))。


申し訳なさそうに帰宅した旦那さま。
お風呂上りに肩・腰の指圧マッサージをしてもらったから、まぁよしとしよう。
(お疲れの夫にそんなことさせる妻もどうかという意見もあると思うが。)


検挙された人の中には90キロオーバーの人もいたのだとか。

90キロオーバーって・・・。
ご愁傷様ですな。



★交通安全。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

父の日兼用母の日カード

5月9日は母の日(ドイツでも)。
手づくり好きを自称するワタクシですので、簡単なカードでもつくって贈りませぅ。

ついでに父の日も兼用しちゃいましょうかね・・・(出た!ぐうたら主婦のいい加減さ)


Dscf2631

既存のカードを開くと・・・


Dscf2634

あらビックリ。カードの中にお花が咲きました!



なんちゃってポップアップ式カード。
ちょっと複雑な折り方なので一度開くと閉じるのが大変ですけど頑張って閉じてください、という注意書きを添えて・・・。




★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

勝負服でディナーを


紙婚式の記念に、普段では
絶対に利用しない
(てゆうか、できない)四ツ星ホテルのレストランで食事をした。

ドイツではいつも10歳は年下に見られる私。
日本でも実年齢より若く見られがちな旦那さまにおいては、ドイツ人にはハタチそこそこにしか見えないらしい(30後半なんだけど・・・)。( ̄0 ̄;)
しかしここはひとつ、高級ホテルの雰囲気に合わせて大人の香りぷんぷんで行きたいものだ。


こういう時は着物にかぎる。
帯揚げと帯をどれにするかしばし悩み、インターネットでコース料理の予約をしていざ出陣。


・・・が、なかなか思い通りにはいかないものだ。

まず
予約されてなかった(笑)。

「インターネットで今日の予約をしたのですが・・・」と説明するも、そのサービスは終わったとかなんとか。「ご予約ありがとうございます」というメールも届いてたんだけど、どういうこっちゃ。

まぁ、こういうことは初めてではないがな。
以前にも語学学校のコースをネットで申し込みしたのに「手続きされてませんよー」とか言われたことがあった。授業料振り込みのために銀行口座番号まで入力したのに。
日本では考えられないことだが、ドイツでは多少のトラブルには驚かなくなってきた(笑)。


しかしそれでもなんとかなるところがドイツのいいところ(もとい適当なところ)でもある。
語学学校にしたって、申し込みしていない状態で授業を5回くらい受けてたんだから・・・(5回くらい受けたところで申し込みされてないって受付の人が言ってるけど、お金払った?って先生に聞かれたし)。

レストランでもこの日は団体客の予約が入っていたようだが、席を用意してくれた。


で、まず聞かれるのが
「何かお飲み物は?」

これ、困る。ウチは夫婦揃ってお酒が飲めない。
「水かなにか・・・?」と聞かれたが、せっかくの記念日にリッチな食事をしに来たのだから・・・ということでグラスシャンパンを注文した。
炭酸が入っていた方が普通のワインより飲みやすいという理由だけなのだが。

それが意外だったのか、ウェイターさんが「シャ、シャンパンですか?!」的な反応を。
あれ、やっぱり若造&小娘カップルに見えていた?((・(ェ)・;))


メニューもよくわからないからとにかくコース料理を注文。



P1030883

前菜。ドイツ人が狂喜乱舞するシュパーゲル(ホワイトアスパラ)が出た。

ちらっとでも口にできたので妙な達成感がある。
ドイツでこれを食べなきゃ春を味わったことにならない・・・的な強迫観念が若干ありましたもので、ハイ。
(ドイツ人のシュパーゲルに対する情熱はそれはもう・・・すさまじく)



P1030884

牛肉にFeltslatのサラダの付けあわせ。



P1030885

アスパラガスのスープ。
表面が泡泡してて、竹串にはエビが。ちょっと味が濃かったけれど美味しかった。



P1030891

シャンパンはグラス半分ほど飲んだところで後はお水。
この段階でかなりお腹いっぱいだ。



P1030887

少々休憩を挟んで今度はお魚料理。
ほうれん草とちょっと薬臭いリゾットの上によくわからない白身魚のムニエル。

く、苦しい・・・。

量は少なくていいからもっと安くしてくれ・・・(←本音)



P1030888

デザート。
左のはマンゴー(?)とフルーツの天ぷらみたいなもの。
右は・・・忘れた。

最後はコーヒーで締めくくってご馳走様でした。
所要時間約3時間。

さて、お会計は・・・



・・・・!!



うっひょーーーーっ !!(゚ロ゚屮)屮

予想を上回る金額に、旦那さまと目を合わせて笑うしかない。
お料理の金額はメニューを見ていたから予想はついていた。後は飲み物なのだが。



グラスシャンパン:
13.5ユーロ(約1750円)。



じゅっ、じゅうさんてんご?!
えっ、グラス1杯でっ?(100ml)モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!



水:1ボトル8ユーロ(約1000円)。



ほっほ~~~~ぅ・・・・。( ̄◆ ̄;)


グラスにまだ半分ほど残っているシャンパンを眺めたが今更飲めるはずもない。
これにプラスしてチップもお支払い・・・。

普段お酒も飲まないし、リッチな食事は今までスポンサー付き(会社の社長とか、仕事の取引先の人が払うとか)だったから、驚きだよ。

1年に1度の贅沢(来年は無いと思う)でした。



●本日のきもの●

きもの:紫地の小紋

帯:
親戚の伯母様からいただいた淡いグリーンの名古屋帯。
昔着物だったものを帯にリメイクしたので、とても軽くて締めやすい。
絞りが入っており、春らしい色合いなのでこの季節に締めてみたかった一本。



P1030878_2



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

世界一高い教会!ウルム大聖堂

ドイツの三大大聖堂といえばケルン、マインツ、そしてウルムの大聖堂。

大きさでいうとケルンが勝るが、ウルム大聖堂の塔は教会としては世界一の高さを誇る。


Photo_18

大聖堂前の広場にあるちょっと仰々しい噴水。
ウルムは第二次世界大戦で街の80%が破壊されたが、この大聖堂は戦火を逃れたそうだ。


Photo_19

正面から子供たちと大聖堂を撮ったがとてもカメラにはおさまりきらず。


Photo_20

てっぺんはこんなかんじ。
高さ161.53m。上までは768段の階段を登る。


Photo_22 

螺旋階段がせ、狭い・・・


Photo_23

だいぶ上まで上がってきた。500段くらいは登ったかな・・・。
更に中心の塔を登ります。

(@Д@;ひーっ



Photo_24

これが世界一の高さの教会から見た景色!!

右手に見えるのはドナウ川。
ドナウ川と聞いただけで哀愁ただようような感じがするのは何故だろう・・・。



Photo_25

絵画のよう。

高い所はへっちゃらな私なので全く気にしなかったが、窓はもちろんガラスなど入っておらず、吹き抜け状態。
高所恐怖症の人はこの高さが相当コワイらしい。
こんなにキレイなのにねぇ。


体力に自信のある方は是非チャレンジを。
ただし下りで膝がケラケラ笑います・・・。


Photo_26

降りてきて教会内部。
白い石の柱と同じく白い天井に囲まれた内部はわりと明るい印象だった。


Photo_27

紋章のようなものが刻まれた飾り(?)がたくさん掛けられている(写真がボケちゃったけど・・・)。


Photo_28

騎士?

剣や楯、紋章などの飾りは他の教会にはあまり見られないものだ。
宗教チックな雰囲気はあまりなく、「カッコイイ」というのがこの教会の印象だった。



Photo_29

街を歩いているとこんなモニュメントに出会える。
この顔、見覚えありますよね・・・。

そう、物理学者のアルベルト・アインシュタイン。
彼は、ここウルムの出身なんだそうだ。
私の勝手なイメージでアメリカ人かと思ってた(笑)。(^-^;


むむ~~~スゴイなドイツ。
音楽、医学、文学など様々な分野の著名人がドイツ出身だったということを、ドイツに来て改めて知った。

何故こんなウ○コとフジツボみたいなものにくっついているのか謎だが・・・。




★アインシュタインは偉大だね。本日もポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

レゴランドにようこそ

先月、甥っ子たちとレゴランドへ行ってきた。
レゴランドはレゴ本社があるデンマークをはじめ、ドイツ、イギリス、アメリカなど世界数箇所にある夢の国。
ドイツではウルムに程近い、ギュンツブルク(Gunzburg)という小さな町にある。


Photo

高速道路を降りると小高い丘の上に巨大なレゴブロックが見えてきた。


Photo_2

いかにもテーマパーク!という賑やかな入口に、天気はイマイチだが心はウキウキ。


Photo_3

こらこら、不正をはたらいてはいけませんっ。

ちゃんと入場料を払ってね。


Photo_4

園内のいたるところにレゴ人形が置いてある。
ベンチで寝るオジサンとお決まりの写真撮影パチッとな。


Photo_5

子供が楽しめる遊園地もレゴ!(もちろんレゴブロックのように作っているだけ)


Photo_6

恐竜~


Photo_7

アトランティス。
水中の中のレゴ人形がなんともかわいい。


Photo_8

あら、イヤン。
オウムが紐を引っ張るとトランクスがはだけそうに・・・。

あちこちに設置されたレゴ人形はとにかく遊び心に溢れていて、そういうものを探すだけでも楽しい。


Photo_9

漏れる~~~っっ

絵がモジモジしてる(笑)。


Photo_10

圧巻だったのはレゴの街。
細部も全部レゴブロックで作られているのだ。こちらはフランクフルトの街並。


Photo_11

こちらはベルリンのブランデンブルク門。


Photo_12

こりゃスゴイ!!サッカースタジアム。
アリーナももちろん、観客もぜ~~~んぶレゴの人形。
スイッチを押すと無数のフラッシュがたかれ、まるで本物みたい。



Photo_13

子供たちが一番興奮したのが空港。


Photo_14

機内をよく見ると・・・客室乗務員が副機長とイチャツイテおるぞよ・・・。


Photo_15

オランダの街並。


Photo_16

ヴェネツィアじゃないですかーーーーーっっ
素敵、素敵。
カンツォーネ(?)の調べにのってゴンドラが行き交う・・・なんて本格的。


大人も楽しめるレゴランド。機会のある方は是非一度お試しあれ。


Photo_17

AUF WIEDERSEHEN ! (ドイツ語で「さようなら!」)



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

黄色いドイツ

ドイツに来て1年が経った。
こちらのトイレットペーパーのぶ厚さにも慣れた今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
もう日本の繊細な紙では心もとなくて、安心して拭けないのではないかしらん・・・(笑)




本日のタイトルの「黄色いドイツ」。

1年前に初めてドイツに来た時そう感じた。あらゆる黄色いモノが目に飛び込んできて、とても新鮮に映ったのを覚えている。


P1030820

ようやく色を濃くし始めた緑の木々の中で、眩しいほどの黄を主張するレンギョウの花。
ドライブに出れば彼方に広がる菜の花畑。


散歩に行けば公衆電話も黄色。

Dscf01111


一番驚いたのが郵便ポスト。
ポストも切手販売機も黄色。

Adscf0017


Deutsche Post(ドイツ郵便)においては全てが黄色に統一されている。

Dscf0017


配達員さんの制服も郵便物を入れるカゴも配達に使う自転車までも!

(ちなみに彼らはエコで、配達は完全人海戦術だ。バイクなどは使わずに自転車またはリヤカーみたいなものを押して配る。時々そのリヤカーごと電車に乗ってくる配達員も見かける。)


電信柱が高いのも 郵便ポストが赤いのも みんな私のせいなのよ~♪
いいのよ いいのよ ほっといて~♪


・・・・って、コレ、なんのフレーズでしたっけ。
少なくともドイツの郵便ポストは黄色いのでドイツ人には通じない・・・ってことで。

ま、とにかく今年もその季節がやってきた。


P1030824

近所の原っぱに水仙が。


P1030828

「お主も黄色いのぅ・・・。」

「春といえばタンポポでしょう・・・」



西洋タンポポじゃくて普通の日本でも見かけるタンポポがたくさん生えている。


P1030750

コントラストが素敵♪



★黄色で元気ハツラツ♪今日もポチッと応援お願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

枯庭に花を咲かせましょう

暗~い・寒~い・重~いと、3拍子揃った最悪の冬をようやく脱出。
そろそろ庭づくりを始めなくっちゃ。

我が家に庭なんて大そうなものは存在しないのだが、テラスに大きなプランター・・・というか植物を植えるスペースが備え付けられている。
昨年夏にここに引っ越して来た時、この庭はそれはそれは悲惨な状況だった。(´Д⊂グスン


01

前の住人が部屋を出てから私たちが入居するまで何年か空いていたらしく、庭に残された木たちはミイラもびっくりの乾燥状態。
天井まで蔓を伸ばした巨大アイビーは枯れ葉を落とすこともできず風にカサカサと虚しい音を立てるだけ。
松の根は意外に深く、アイビーの根と絡まって、プランターの中は根が毛細血管のように張り巡らされ、おかげで土は雑草も生えないほどカラッカラ。
なんとかしてこの庭を再生させることが昨年来の悲願!となっていたのである・・・。


02

昨年、まずは木をのこぎりでぶった切る。
(引越しの手伝いをしてもらった現地のマッチョマンにお願いした)

園芸用ミニスコップでひたすらひたすら掘り続け、根をのこぎりやハサミでぶち切り。


03

とったど~~~~っっ 


切り株を掘り起こすのに力任せに引っ張り、滑ってテラスの手すりに肘を強打した。
これがその後風邪などで体調崩すたびに関節痛のように痛むようになってしまった。しかも現在進行形で・・・(´;ω;`)ウウ・・・


04_2 

やっとキレイな更地に。


05

で、今現在。
去年植えた多年草の植物がなんとか根付き、芽を出してくれた。


06

カエル君の白山と呼んでいるスペースにも小さな芽が・・・。

いよいよ本格的な“枯庭に花を咲かせようプロジェクト”の始動!
さて、どんな庭になるのかな。
乞うご期待(?)



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

日本のアニメ&漫画はすごい!

先日このブログに日本のカラオケ文化について書いたけれど、アニメ&漫画も言わずと知れた世界に誇る日本の文化。

私が住む田舎の普通の本屋さんでも「Manga」と書かれたコーナーがあり、日本のコミックが所狭しと並んでいる。
有名どころとしては「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「名探偵コナン」、「天は赤い河のほとり」などなど。


Dscf0808


がっ、それだけではない。
これはなんていう分野になるのでしょう・・・美少年同士がとっても仲良くしちゃってる系のが盛り沢山!!

あらあら、まぁ。(/ω\)ハズカシーィ

もしも私がドイツ語ペラペラで、ドイツ人に「日本ではこういうのが流行ってるの?」とか聞かれても、「知らんがな。欧米の方がよくあることでしょー」としか言いようがないのだが・・・。

ハタと気付くと、“そんな漫画コーナーに佇む日本人の図”が恐ろしくなっちゃってコソコソと逃げ帰ってきたわけだけど。


それはさておき・・・日本のアニメがドイツでも人気なのは嬉しいことだ。
何気にテレビを付けるとスタジオジブリの作品なんかを見かける。
先週は「千と千尋の神隠し」をやっていたし、この間は「風の谷のナウシカ」。
来週は「もののけ姫」。


P1030855


ドイツ語に吹きかえられた台詞は何を言っているか全く聞き取れないけれど、それでもツッコミたくなる場面がいくつかあった。
例えばナウシカが「ナウジカ」になってた、とか。
ドイツ語で「S」は濁音で発音するらしいのね。でも主人公の名前なんだからそれを尊重しないのかね~。

あと、オウムを遠くに見つけたナウシカが真剣な眼差しで「オウム」と口にするシーン。
ドイツ語で「ein(アイン) オウム」 となっとった。
ein(ひとつの)って冠詞付けなあかんのかね・・・・。

しかもですよ、ドイツ語の名詞には男性・女性・中性という性があって、性によって前に付ける冠詞の形も変わってくる。
einだったら男性か中性ってことになるのだけど、オウムなんて架空の生き物に対して「じゃあこれは中性にしましょうか」なんて誰が決めてんねん!!・・・って言いたくなる。(ドイツ語で「虫」が中性名詞だからオウムも中性にしたのかな。)


なにはともあれ・・・・日本のアニメはスゴイよ。



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

雲ひとつ無い空

Dscf2613


雲がひとつもありません。


よく晴れているでしょう? ってことを言いたいのではありませぬ。
ものすごく変なことなんです。
雲がひとつも無い・・・飛行機雲がどこにも見当たらない・・・。


Dscf2614

巷で話題の、アイスランド火山噴火。
ヨーロッパはのきなみ飛行機が飛ばず。

いつもならば、冬の間(天気が超悪い)とよっぽど天気が悪い日以外は飛行機雲を見ない日は無い。
それもひとつやふたつではない。雲が3つ以上交差している光景もみかけるし、その多さはドイツに来て最初に驚いたことのひとつだ。
(日本では飛行機が滅多に飛ばない田舎から出てきたからか?)


空がただ、ただ青い・・・。

Dscf2615



★爽やかな青空にぽちっとワンクリックお願いいたします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

夢桜

先日、親しい知人に悲しい出来事が訪れた。
私はまだそのことを知らなくて、2日続いた陽気に咲き出したばかりの桜を眺めていた。


Dsc00248


携帯カメラのフラッシュに浮かび上がる夜桜はなんだかちょっと不気味な雰囲気を持つ。
私にとって桜は、妖しげな魔力を宿している樹だ。


「桜の木の下には屍体が埋まっている」

梶井基次郎の物語の一説が頭をよぎる。


私が桜の木にそんな感情を抱くのは子供のときのこんな記憶があるからだ。

小学校低学年の時、飼っていたうさぎが死んだ。
それを桜の木の根元に埋めた。
暗闇の中、父が穴を掘る。
私はペットの死が悲しくて・・・というよりも、怖くて、動かなくなったそれを見ることができなくて、実際に穴を掘ったところも埋めたところも見ていない。
父がその作業を終えるのを無言で待っていただけだ。
以来、毎年綺麗に咲く桜を見ながら、「あれが○○(ペットの名前)の樹だね」なんて言っていた。



夜桜を見た日から3日の後、冒頭に書いた悲しい出来事を知った。
その時の桜は春雨にしっぽりと濡れて私の視界も霞ませていた。


泡沫のさくらが散る

淡く 短く 儚く 

ひとひら 

はらり 

ほろり





あなたにとって、桜の樹はどんな樹?



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ハンカチ落とし

まだ天気が安定しない今日この頃だけど、鳥のさえずりと外で遊ぶ子供たちの声が響くようになってきた。

P1030818

芝生の上で円をつくる子供たち。
しばらく眺めていると、どうやらハンカチ落としのような遊びをやっている。ハンカチの代わりに小石かなにかを使っているようだ。
ドイツにも同じような遊びがあるんだね。


P1030819


緑の芝生の脇には薄桃色の桜が咲き誇る。
薄山吹色の柔らかな夕日が雲間から降りてくる。



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

異国より日本を想う

今年は平城遷都1300年の年。
歴史好きのうおこにはたまらない・・・。今年は日本に帰って是非とも奈良に行きたいものだ。


2年前、大人の修学旅行と称して奈良を巡った。
明日香村で聖徳太子を偲び、室生寺の五重塔・長谷寺の牡丹、春日大社の朱の鳥居をくぐり抜け東大寺へ。
夜の猿沢の池にライトアップされた興福寺が浮かぶ。
平城京跡で朱雀門を仰ぎ見ながら両手を広げる。
遥かなる悠久の時に思いを馳せる。


忘れられないのが甘樫の丘。
万葉に歌われた耳成山、畝傍山、そして天香具山。
大化の改新といった歴史をみつめてきた大和三山をはるかにのぞむ。
丘というくらいだからそんなに高くはないのだけど、あの丘の上で夕暮れの風に吹かれたあの心地よさはたとえようもない。

春の佐保姫さま~っ。

あをによし奈良の都はうららかな春で満ちていますか?



・・・あれ、今日は何を書きたかったんだっけ?
ついつい興奮して思い出話書いちゃっただけ?(笑)

日本に居る皆さん、今年は是非、奈良へ!!!



P1030835


ドイツはただいま桜が満開・・・。



★いにしえの都に拍手!ぽちっと応援よろしくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

紙幣の使えない券売機

日本でこういうのってあったっけ?
せいぜい公衆電話くらいでは?

ドイツではよくある。

紙幣の使えない券売機。(-_-X)

トイレに入る時のチップ改札機とか、駐車料金の支払機とか。


先日とあるレジャー施設の駐車場に車を停めた時の事。
ここは係員不在の屋外駐車場だった。

ドイツでありがちなのが事前に停める時間分の料金を支払うシステム。
つまり、自分はここに2時間停めたいわ、と思ったら2時間分の料金を券売機で支払い、そのチケットを車内の見える所に置いておくというもの。
たまに警察がやって来て、時間をオーバーしていたり無賃駐車している車を取り締まる。


でもねー、例えば病院で待たされてしまい、予定時間が過ぎそうな時にハラハラしてしまう。
そうならないように余分に買っておけばいいのだけれど、すぐ用事が済んでしまった時に損した気分になるのだ。
日本に比べると駐車料金は安いので、まぁ許せるのだが・・・。


話を戻してとあるレジャー施設の駐車場。
1日券は3ユーロ。
小銭が2ユーロちょっとしかない。2ユーロより上は5ユーロ紙幣。
がっ、なんとこの券売機、小銭しか使えない。
コンビニも自動販売機も無いくせに(紙幣をくずす術がない)この券売機導入って・・・。(# ̄З ̄)

レジャー施設の入場券を現金で買ってそのお釣りでなんとか小銭を作るしかない。
しかーし、目的のレジャー施設はちょっと離れている。
ここに車を停めて施設へ行き、混雑しているかもしれない列に並んで入場券を買って戻ってくる間に検察が来たらどうなるのじゃ?

仕方ないので私ひとりが車に残り、旦那さまが小銭をつくりに施設へ。
この間に警察が来た時のために必死にドイツ語で説明文を考える私。

「細かいお金、アリマセーン。私の夫はチケット買いに行きましたー。スグに戻りマース(のドイツ語版)」 これで通じるかしらん・・・。

ナンデシヘイガツカエナインダヨ・・・



更に先日、フランクフルト空港の駐車場でのこと。
ここは入場の時に受け取ったチケットを帰り際に車に乗る前に精算機に入れて支払ってから駐車場へ行くというシステム。
精算機にチケットを入れたら8ユーロの表示が。
さて支払いましょう~と思ったら、クレジットカードしか使えない精算機じゃあありませんか!!

え~~~~っなんでー とか言いながらもキャンセルし、現金を使える精算機を探すことに。

それがまた無い!あるにはあるけど遠い。
隣に設置しておけよ!などと思いながらチケット挿入。
表示金額は12ユーロ。

現金の使える精算機まで歩いてくるこの2、3分の間にちょうど時間が過ぎてしまっていたらしい。

ふーん。
へーーーー。
そういうことですか。(-゛-メ)


自分が駐車場に停めたいと思ったら、常に小銭を持ち歩く&紙幣や現金を使える精算機をチェックしておけってことですか。


たいしたことではないけれど、あ~日本は便利だなぁ・・・。



★本日は愚痴。でもポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

花まる

ここ数日体調を崩していてイマイチしゃきっとしない。
昏々と眠り続けたり、ぼーっとしたり。


私はどんなに具合が悪くてもとりあえずご飯食べていれば治る!・・・と昔から信じている。
胃痛がひどいのでメニューはおかゆ、雑炊、うどんなど。
旦那さま手づくりの肉じゃがも美味しかった。
日本食はええのぅ。
こういうときドイツ人はいったい何を食べているのかしらん。聞いてみたいものだ。


天気がいいのに外を散歩できない。
今急速に春が進行しているから、花の写真を撮りに行きたい。
早くしないと見逃しちゃう。

P1030812


早く気分も体調も花まるになりたい。
(旦那さまがご飯用意してくれるこの状況も棄て難いが・・・(笑))


P1030816

花まるパン発見~♪



P1030813


花まる♪

★健康回復祈願(?)ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今月のキャンドル(4月)

今月のキャンドルは、芽生え。


P1030786


寒さ厳しかった今年のドイツは今、樹木が一斉に芽吹いている。

夏の盛りになってしまうと葉に覆われすぎて見過ごしがちだが、この頃は個性豊か。

色も形もそれぞれが思いのままに生をはぐくむ。

 
P1030802_4 P1030800_4









P1030805_3 P1030804_3












やがてほころびて、どんな形の葉、何色の花になるのだろう。
歩調をゆるめてゆっくりと感じたい4月のキャンドルは、みずみずしいグリーンをモチーフに。


ま、夕食時も明かりは必要ないくらい日脚が伸びてきたので、キャンドルを灯す機会も少なくなっちゃったんだけど。


P1030781



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

これまでに制作した作品はこちら
[1月][2月][3月]



☆芽吹きに乾杯!ポチっとクリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

おめでとう と ありがとう

先日、結婚1周年と来独1周年の日を迎えた。
日本から遊びに来ていた甥っ子たちと賑やかに過ごすうちに特に何をすることもなく過ぎてしまったのだけど。
とても私的なことだけど、ふたりにとって大切なこれらの記念日のお祝いは、少し落ち着いたら改めて行う予定にしている。


P1030343


夢 希望 展望 未来 はてしなく道 愛 幸福・・・

まるで乙女な小説に出てきたり、青春時代に恥ずかしげもなく使ったクサイ言葉の羅列。

1年前の私は正に、コレだった。
スーツケースに詰められるだけのものを詰めて、旦那さまとふたり、春の光溢れるフランクフルト国際空港に降り立った。
すべてが、本当にすべてが眩しかった。

あれからもう1年。



昨年一時帰国が出来なかったので、心配顔で見送ってくれた両親とはもう1年以上会っていない。
その両親から先日「結婚1周年おめでとう」の手紙が届いた。
いい加減私も歳だけど、親にとってはいつまでも可愛く心配な子らしい。


大体が適当な私のことだから、1年前に心に刻んだことをあまり実行できていないかも。
少しは成長したのかどうなのか。


Dscf0056


色々と振り返るにつけても、今自分の心はとても穏やかだ。
吹く風に流されて形を変えつつもほわほわしてる雲を見て思う。
うん、自然なのが良いよね。

1年前から変わらず、幸せだと思える。


「そんな生活を送れるのは旦那さんのお陰ということを忘れないことだね」
とは、先日の手紙にしたためられた父の言葉。


そうですね。
ありがとう、旦那さま。
互いにおめでとう。そしてありがとう。



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

初イースター体験

本日4月4日はイースター(復活祭)

イースターとはイエス・キリストが十字架に架けられて死んだ日から3日目に蘇ったという日を記念するもの・・・という宗教的な説明は置いておいて。

ドイツではクリスマス同様に大きなイベントとして復活祭を祝うようだ。
街にはキリストが復活したことにちなんで、生命の象徴である「卵」が溢れている。



1

カラフルに彩られた卵(イースターエッグ)が木の枝にたくさん吊るされていたり・・・



2

春を祝う意味合いも含め、ネコヤナギの枝に吊るしたり・・・



3

こんなかわいいディスプレイも。
ちなみにウサギは多産であることからイースターのシンボルともなっている。



4

ペインティング方法や種類も様々。
こちらは陶器製。



5

こちらは本物の卵の殻。



現在の風習として「エッグハント(卵狩り)」という遊びがあるという話を聞いた。
家の中にイースターエッグを隠し、子供に捜させるというゲーム。

我が家にもちょうど日本から遊びに来ていた甥っ子たちがいたので、なんちゃってイースター体験をさせてあげることにした。


6

買ってきた卵の殻に自分たちでペイントをしてもらい・・・

捜索開始!


7

とったど~~~~!!!


8

ちゃんと見つけられたご褒美にレゴブロックをプレゼント♪


来年は(まだドイツに居れば・・・)我が家でもイースターのディスプレイをしてみようかな。



★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

オランダの原風景を訪ねて・後編

過去のオランダ旅行記はこちら   オランダの原風景を訪ねて・前編
(旅行に行かれる方、興味のある方、是非参考にしてしてください♪)




春のオランダといえばチューリップ。
時期になると世界中からの観光客で賑わう「キューケンホフ公園」に行ってきた。

1


広大な土地に色とりどりのチューリップの絨毯が敷き詰められて・・・いるはずなんだけど、さすがに3月末ではほとんど咲いていなかった。残念。( ´・ω・`)


2


でも日本のフラワーパークにありがちな、ただただ花がびっしり並べてあるだけではない。
林の中をずっと散歩しながら鑑賞することができる。



3

白鳥も優雅に。



4

ワタクシ、温室育ちのレディです。



5

きゃーっ 見ないでっ 恥じらいの乙女(?)



6

ぼぼっと燃えてます。



7

「この組み合わせが見たかったんでしょ?」

「は、はい・・・」



8

こっちだって負けてへん。跳ね橋とチューリップ。



9

ワタクシ、案外まつ毛長いんでございます。



10

こういうデザインのブックカバーとかバッグがあったら欲しいわ~



11

可愛らしすぎる。真似したい。



12

ほんのり。

香る春。





★ブログランキング参加中。ポチっと応援宜しくお願いします★
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »