フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« ハイソな世界に・・・ | トップページ | アルプスの少女(三十路女)うおこ・[5] »

アルプスの少女(三十路女)うおこ・[4]

--といってもスイスじゃない、冬のオーストリア編--
          絶景!!アルプス


過去の記事はこちら
[1]アルプスまでの長い道のり
[2]初アルプススキーとチロルの村
[3]インスブルック観光



1

目が覚めてカーテンを開けると、まさに光が降りてくるところだった。
山の上部が光を受けて白く輝き、時間が経つにつれてその面積を大きくする。



2

やがで粉砂糖をまぶしたような木々があらわになった。
昨日にひきつづき、これだけくっきりとした色と光を浴びるのは久しぶりのことだ。ドイツでは冬にこんな青空に会えることはほとんどない。

昨夜、満天の星を見上げていた。
なんとオリオン座の小三ツ星まで見えたので今日の晴天を予想していたのだが、期待通り。



3

本日は車で1時間ほどかけて、Zillertalの地域では一番高い山があるHintertuxer Gletscherに行く事にした。

村の家々や木材工場からでる白い煙が川霧と交ざり合って不透明な空気を漂わせる。
線路を道標に、白い頂を目指す!


それにしても・・・線路と道路、近すぎない?なんのフェンスもないし。(゚ー゚;



4

山間に架けられたゴンドラが遥か頭上に見える。



5

高さ3250m!!

富士山が3776mだからここもけっこう高い!
ゲレンデに樹木はほとんどなく、岩が半分むき出しになっているのも迫力ある。



6

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

てっぺんです。



7

方向感覚がわからないけれど、あの山をいくつか越えればイタリアか、スイスか・・・。
山頂をさらに上から見るなんて、飛行機乗った時くらいよね。


空気が薄い~~~  呼吸困難~~~~っっ


なんてことはありません。(^-^;



8



9

世界中から集まったスキーヤーで賑わう。
ボードをしているのは若者だけで、大半がスキーだった。



10

天気最高♪気分上々♪
こんな景色を見ながら滑れるなんて。

圧雪機が付けたばかりのストライプ模様に弧を描いていく爽快感。
雪のきらめきはスワロフスキーにも負けない。


口笛はなっぜ~ 遠くっまっで聴こえっるっの♪
あの雲はなっぜ~ わたーしを待ってるのっ♪


ハイジの世界~~~~~っっ(スイスじゃないけど)\(^o^)/



11

ずさぁぁーーーーーっ

滑り落ちる旦那さま。
嘘です。ヤラセです。

けっこうな斜度のコースもあったけれど、ハイテンションだから怖くない!
(↑どんな理由?)



12

ランチタイム。
本日はチロルの水で炊いたオニギリを持参~~~。

そう、昨年新婚旅行に行った際、1週間お米を食べられない生活にお米禁断症状を発症した私たち夫婦。
前回の苦悩を教訓に、今回は車で来たということもあり、炊飯器を持ってきたのだ~!
で、ホテルで朝炊いてきたってわけ。

お部屋掃除のおばちゃん、「なんだこれ?!( ̄Д ̄;;」って思ったことでしょう。


今日のメニューはオニギリにコンソメベースのヌードルスープ。

美味し~い~~。ご飯最高~~~。
傍でポテト&パンをもりもり食べていた子供に物珍しげに見られたけどそんなの気にしない♪
私が小学生の頃、スキー遠足では冷えかけのオニギリが定番メニューだったわ。


でも本当に持ってきてよかった。
1週間パン&お肉だけなんて30歳を越えた日本人には辛すぎる。
同じホテルの宿泊客の中で朝食に「myジャム」を持参している人を見かけたが、my梅干持参してもお米が無いしねぇ・・・。



13

おやつに「Kaiserschmarren」をいただく。
パンケーキの上にたっぷりのパウダーシュガーをかけ、リンゴのムースかプラムジャムと一緒に食べる血糖値急上昇の一品。
チロルの代表的なデザートだそうだ。

ムースかジャム、どちらかを選ばないといけなかったのだが、迷っていたら両方乗せてくれた。
パンケーキが甘いので、ちょっと酸味のあるプラムジャムの方が美味しく食べれたかな。
それにしてもこれで「少なめ」注文なんだからすごい量!



14

屋外に椅子が置かれ皆さんリラックス~。
本当にこちらの人は日光浴が好きやな~。

たまたまなのかいつもそうなのかわからないけれど、外は全然寒くない。テーブルも設置されていて外で食事をしている人もいる。
素手を出すなんて・・・北海道のスキー場では信じられない光景だ。

ま、景色を見ながら食事もいいか~と思って試してみたけどスープがすごい勢いで冷めていきましたとさ(そりゃそうか・・・)。



15

午後には雲海も・・・。



16

眺めるほどに見事なアルプスの山容よ、ありがとう~。



ちなみに、周りのスキーヤーなんですが・・・けっこう初心者もいる。
イメージとしては上級者たちが巧みなストックワークで颯爽と滑っていると思っていたのだが、違った。もちろんそういう人たちも中にはいたけれど、小さい時からスキーに親しんだ私から見るとそうでない人たちがいっぱい。
山頂まで行ってもコースはそう難しくもないし。


恐らく、だけど、滑りの醍醐味を知りたくてアルプスに来るというよりも、ここしかスキーをするところが無いからみんなここに集まってきているだけなのでは・・・。
ドイツも山がほとんど無いもんなぁ・・・。
オリンピックでドイツ人の強さを感じるけれど、その土壌はどこで培われているのだろう?


1年に1回1週間だけアルプスに来たって上手にはならないよね。

というわけでバカみたいに飛ばす人がいないから安全だけど、人が多くて初心者が人との距離感がわからずすぐ近くを滑っていったりするのも危ない。
なーんて・・・ちょっと上から目線で見てしまった私・・・失礼、失礼。(^-^;


故郷、北海道に朗報です!
「遥かなる山脈を見渡す壮大な景色」という点を除けば、北海道のスキー場はアルプスにも負けません!!(と、私は思う)

なんてったって雪質が最高。
そりゃあオーストラリアの方々がニセコに殺到するわけですよ。

晴れた日はキンキンに冷えた空気の中、樹氷を横目に滑り降りる。
夜は熱い温泉にどっぷり浸かって手足を伸ばす・・・。


そうそう。泊まったホテルに共同サウナが付いていたんだけど、こちらのサウナは男女共用ですっぽんぽんで入るそうなので遠慮しました・・・。


次回最終回!


★ブログランキングに参加しました。ポチっとしていただけると幸いです★

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« ハイソな世界に・・・ | トップページ | アルプスの少女(三十路女)うおこ・[5] »

コメント

いや~~~~~~アスプス編面白いです(◎´∀`)ノ!!スイスアルプスにも幾つか行ってますが、先日もイタリアアルプスに行っていきなりゲレンデ???とかレストランで外と中どっちで食べる??なんて聞かれて似たような体験をしたのでよく判ってうんうんって~
お握り!ナイスです~( ̄▽ ̄)是非混浴体験にもチャレンジなさってください

「遥かなる山脈を見渡す壮大な景色」そっちが良いなぁぁ~
北海道ゲレンデの中では、富良野が太鼓判だが

寒くないって言うのも不思議だし魅力
北海道じゃ、晴天じゃないと楽しめないし足冷たいし
(ってこぼす時点でウインタースポーツする自覚なし)
スポーツの休憩でパン、ってスタミナつかない‥
だから、スイーツがこってりしているのかな?!
持ち込み大正解だね

サウナが男女共用、恐ろしすぎやぁぁぁぁ!


>美遊さん

確かに外で食べると気持ちがいいですよね(*^-^)
彼らからは寒くても根性で外で食べようという気迫が感じられます…。

混浴は無理~~~~~っっ

>yummycoちゃん

休憩小屋ではポテトやお肉料理がメインでパンは添え物って感じだったかな。ま、いつもの通りなんだけど。
旦那さまと「俺、豚汁定食でいいんだけど」「じゃあ私は蕎麦とオニギリセットで・・・ってそんなのないやん!」とボケとツッコミしてました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイソな世界に・・・ | トップページ | アルプスの少女(三十路女)うおこ・[5] »