フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 嵐だったのね | トップページ | アルプスの少女(三十路女)うおこ・[2] »

アルプスの少女(三十路女)うおこ・[1]

--といってもスイスじゃない、冬のオーストリア編--
               
アルプスまでの長い道のり


「アルプスを滑り倒しましょう。」
ということで、オーストリアへスキー旅行に出かけた。



1

目指す憧れのアルプスまでは、カーナビによると635km、所要時間6時間25分。

どんなスピードやーーーー!(゚0゚)
100kmを1時間で進めというプレッシャーを与えられ、まだ闇に包まれた早朝6:30に出発した。



2

9:00 アウトバーンのサービスエリアで朝食。

ここで私たち夫婦のいつもの会話。
「何食べる?」
「何って・・・何でもいいけどパンかソーセージしかないじゃん・・・」


そう。そうなのよ。ドライブに行く度いつも溜息。
彼ら的にはハンバーガーにしてみたり、チーズ乗っけてみたり、ハムを挟んだりしてバリエーション豊富にしてみせてるかもしれないけれど、こっちにしてみれば「結局パンだよね?」みたいな・・・。
ソーセージなどのお肉+ポテト+パンにするか、パンオンリーでいくか、の選択肢しかない。
しかも水は無いので飲み物を必ず頼んでしまう。更にこういうところはお値段が高いと相場が決まっている。

ということでスープ(Gulaschsuppe)にパンという節約コースでまずはスタート。



3

相変わらず冴えない天気の中、途中渋滞に巻き込まれながらもひたすら南下を続け、南ドイツ最大の街ミュンヘンまでやってきた。
道路標識にも外国の地名が見られるようになる。「A」と「I」は、こっちがオーストリアとイタリア方面でっせ~~~という意味。
いよいよワクワク感が募ってくる。



4

地理的にいうとこんなかんじ。
水色の辺りがアルプス。今回行ったのはオレンジマークの辺り。


いよいよオーストリアが近づいてきた。
ここで昼食を兼ね、再びサービスエリアへ。

ここで「Vignette」というオーストリアの高速道路チケットを購入しなければならない。
ドイツは無料なんだけど、オーストリアは有料なのだ。


5

まるでスキーの回数券みたい。日付を示す数字にパンチで穴が開けられる。これを車のフロントガラスに貼っておくのだ。

さっ、これで国境越えの準備万端!
と意気込んだものの、EUマークの中に国名がかかれた小さな看板が一枚あるだけで国境をすんなり通過。
やはり今回もそうきたか。自由すぎるEU圏内の出入り。

ここから目的地まで後130km!!ふぅっ。(@Д@;



Dscf1773

ドナウ川を渡り、いくつもの渋滞を越え、とうとうと水を湛えたイン川に沿って進むこと640km。
最後に長い渋滞を避けるため、カーナビに騙されて(ナビが渋滞のないルートを検索してくれる)住人しか通らないだろうという山中を彷徨った結果、出発から11時間かけて目的地に到着。

疲れた~~~~っっ。旦那さまと交代しながら私も250kmを運転。マニュアル車で渋滞にハマるって辛い・・・(内、2回エンスト(;´д`)トホホ…)。


それにしてもオランダ人の多いこと。向かう途中、次から次へとオランダの車がやってくる。近づくにつれ、ポーランドやチェコの車も。オランダだったら北欧に行った方が近いのでは?と思うのだが・・・。



6

今回滞在するのはオーストリアのチロル州、Zillertalという地域だ。
右からオーストリアの国旗、EU旗、チロル州政府旗。

アルプスの麓だというのにほとんど雪が無いのに驚いた。雪交じりの雨が降る。こんなんで明日からのスキーは大丈夫か?


★ブログランキングに参加しました。ポチっとしていただけると幸いです★

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

« 嵐だったのね | トップページ | アルプスの少女(三十路女)うおこ・[2] »

コメント

しかしまぁ‥日本ナデシコ迷走!
すっかり運転してしまってるではないの。
度胸と慣れかしら。素晴らしいわ~
(褒めてるのよ↑)
さて続きは‥

>yummycoちゃん

運転といってもアウトバーンの直線部分だけだけどね…。
普通の町中の道路で信号待ちからの発進、坂道発進でエンストしてあわてて旦那さまがサイドブレーキを引き、ハザードランプを点灯するなんてこと、何回やらかしたかしら…。

635kmってすごい距離です!
それでもスキーに行こうというのは素晴らしい行動力!
そして運転も大変だったようですね。マニュアル車は渋滞が面倒というか疲れますが、冬道としてはエンジンブレーキを掛けられるので個人的には良いと思ってます。

でも、
>あわてて旦那さまがサイドブレーキを引き
これ、旦那様の気持ちわかるなぁ~。


>ichiroさん

旦那様の気持ち、わかりますか…(^-^;

エンストしちゃうんですよねぇ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐だったのね | トップページ | アルプスの少女(三十路女)うおこ・[2] »