フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« な? | トップページ | 中世が蘇る「ローテンブルク」 »

おっとのまふらー

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Dscf1612

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


編み物2作品目は旦那さまのマフラー。
自分のマフラー同様に2目ゴム編み。

グラデーションが綺麗なので自分でもお気に入り。
2目ほど表編みと裏編みを間違えたけれど、よく見なければわからないってことで旦那さま了解のもとすっとばしました・・・。
ドンマイ、ドンマイ ヾ(´ε`*)ゝ

« な? | トップページ | 中世が蘇る「ローテンブルク」 »

コメント

すばらしい。旦那様も喜んでいるでしょう。
そういや、私はかみさんからプレゼントって無いなぁ・・・
といいながら、期待度0%です(笑)


>ichiroさん

残念ながら車通勤の旦那さまにマフラーは必要なかったらしく、まだ一度も使ってくれてません。
出番はくるのか?!

上手だね~関心しちゃう。
旦那様とつきあって間もない頃、家庭科嫌いの私がせっせとセーターをつくったけど、ちっとも着てくれなかったわ。・・・というのも、編み方が緩かったせいで、超ビックサイズになっちゃって。いまだに、タンスの中。
このマフラーはきっとすぐ使ってくれるよ。

私も、今の旦那さんに結婚前マフラーあげたけど‥
‥今もクローゼットの肥やし。
同じゴム編みだけど細めだった為、似合わず
でも自分の好きな色じゃないから、使わない
‥息子が大きくなったら押し付けるんだ!
「手編みって怖い」ってその昔恋人に言われたっけな‥
ひと編みごとに念がこもっているようで怖いんだってよ。
乙女の心を踏みにじる言葉だわっ

本当に、グラデーションが上品で素敵。
色変えるの大変だったでしょう~素敵すぎ
手編みは一生モノなので気長に旦那さんの愛用を待ちませう。


>misomamaちゃん

まぁ~misomamaちゃんも乙女ねっ。セーター作ろうという心意気がスゴイ。私もセーター編めるようになるまで頑張ろうかな。

>yummycoちゃん

misomamaちゃんも、みんな同じような経験しているんだー。箪笥の肥やし。(;д;)
手編みね、言われた!!!
「念を込めて髪の毛編みこまないでね」って。(*≧m≦*)ブフフ
それはさすがに怖い。

グラデーションはこういう毛糸だったの。まさか色を変えるなんて高度な技できないよー。

はじめまして!
急に、しかも昔の記事にコメントしてごめんなさい!

とっても素敵なマフラーですね(*´∀`*)
もしよろしければ、どのブランドの毛糸か教えていただけませんか?
ちょうどこのようなグラデーションの毛糸を探していまして…

よろしくお願いします><

>mikaさん

はじめまして。
ブログへの訪問&コメントありがとうございました!

お返事が遅くなっていてすみません。
毛糸のブランド、今同じものを持っていなくて、何か記録が残っていないか探していました。
明日か明後日にでもまた毛糸を買う予定があるので調べてみますね。
わかったらまたお知らせいたします。
mikaさんはドイツ在住でいらっしゃいますか?
ドイツでて購入したので日本で取り扱っているかどうか不明です・・・。

お返事ありがとうございます!
お手数おかけしてすみません><

日本に住んでいるので、
もしかしたら入手困難かもしれないですね。。

最近は輸入物の毛糸を扱っているお店も多いみたいなんで、
日本でも購入できるといいのですが。
急いではいませんので、お時間のある時に教えていただけると嬉しいです*^^*

>mikaさん

毛糸は「WOLLE ROEDEL」というお店の「RIGATO」という名前の毛糸でした。
毛糸を束ねるラベルの紙にお店の名前が印刷されてましたので、もしかしたらお店のオリジナルなのかもしれません。
1玉(50g)で4ユーロくらいでした。
日本での購入は難しいかもしれませんね・・。

またご質問やお力になれることがあればご連絡くださいませ。
よろしければまたブログへ遊びに来てくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« な? | トップページ | 中世が蘇る「ローテンブルク」 »