フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 悪夢 | トップページ | 「ニュルンベルク」のクリスマス »

クリスマス一色

今、ドイツはクリスマス一色。
クリスマスの事で頭がいっぱい。いや、それ以外もう考えられなくなっているのではないか。

私の住む町は人口10万人という小さな町だが、電飾による輝きようは都会並み。
クリスマスにかけるドイツ人の並々ならぬ想いを伝えましょう~というのが、本日のテーマである。


01

街中のショッピングセンター内に巨大ツリー。下から見たところ。

ドイツのクリスマスツリーはシンプルで綺麗だ。
写真はピンボケしてしまいわかりにくいが、赤やゴールドの球を枝先にたくさん飾るのが特徴。
キラキラした紐状の飾りや、プレゼント箱、サンタ、トナカイなどの飾りを付けているのをあまり見たことがない。
雪があまり降らないからか、雪にみたてた綿を飾ることも稀だ。
私が子供の頃親しんだツリーとは随分違う印象だ。



02

同じツリーを上から見たところ。巨大さがわかるだろうか。
一番上には星。


03

別のフロアーには子供のための特設イベント会場が。
クリスマス当日だけではなく毎日のように何かやっているようだ。


04

同じショッピングセンター内の地下フロアにはドイツの冬の場面が人形によって再現されていた。

これはクリスマスマルクトの様子。
左の屋台は玩具を、右の屋台は焼き栗を売っている。
ところでこの人形、動くのだ。手とか、首とか・・・。しかも小学生くらいの大きさはある。
ここまでやるか・・・。



05

こちらは音楽隊。木組みの家がドイツらしい。


06

そしてこちらはクリスマスツリー用の木を販売している様子。
家庭用、お店のディスプレイなどの業務用問わず、本物の木を使っていることが多い。
ウチの近くのスーパーでも普通に本物の木が売っている。



07

こんなかんじ。
偶然ウチの近くに業者さんが木を運んできていた。



08

これはですね・・・キリスト誕生のシーン。
教会の横に馬小屋に見立てた小屋が設置されていた。

こんな感じのミニチュア飾りがデパートに売っていたりする。キリスト教の皆様にとってはこれが重要なのでしょう。
でもね、なぜかこの飾り、茶色でできていることが多い。木彫りにしろプラスチック(?)にしろ色は茶色。しかもリアル。
だからベッドに横たわったキリスト様・・・ちょっとミイラみたいだったりする・・・おっと、キリスト教の方に怒られるかしら。



09_2

さて、一般市民の方はというと、さすがに家の中までは見れませんが、外観だけでも十分装飾具合がうかがえる。

窓をこんなふうに飾っている家が多い。


10

こちらの家も。
普段は地球にやさしいエコなドイツ人もこの時期ばかりはそんなの関係にゃ~いってかんじ。

クリスマスが終わってしまったら、ドイツ人は何を楽しみに暗い冬を乗り切るのだろうか。
などと余計な心配をしつつ・・・もうすぐクリスマス。


« 悪夢 | トップページ | 「ニュルンベルク」のクリスマス »

コメント

人形は、子供並に大きいんだsign01凄っ
xmasシンプルで素敵だねぇ。
今年のファクトリーのツリーは、まさしくトナカイにプレゼント箱だよ。
何だか隙間がチープだから、シンプルゴージャスが好きだなぁshine
今朝は札幌も朝7時で電気が必要な暗さだったよflair

xmas電飾切れたから、買いに行かなきゃ~
エコに発光ダイオードだと、やはり暗くて華やかさがないよ。
盛大に心まで灯すようなライトが良いなぁshine

>yummycoちゃん

電飾買った?我が家も今日買いに行く予定。そうしたら我が家のツリーも完成さ!できたらブログで紹介しま~す。
yummycoちゃんちのツリーも見せてね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪夢 | トップページ | 「ニュルンベルク」のクリスマス »