フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 世界の料理 | トップページ | ボスニア・スピリッツ »

トホホなクリスマス

トホホなクリスマス。私が・・・じゃないよ。


ドイツでクリスマスは「家族と過ごす日」。
企業は先週末か、遅くとも23日にはクリスマス休暇へと突入する。
日本ではお盆と年末の帰省ラッシュが毎年放映されているけれど、ドイツでもクリスマスを家族と過ごすための移動ラッシュが小規模ながらあるようだ。電車の混雑状況がテレビで流されていた。


家族や親戚とクリスマスを過ごすことに徹底するドイツでは、店という店が閉まる。
今年はクリスマス後の26、27日が土日になることもあり、24日~27日までの4日間、食料を得る術はない。
故に23日のうちに買いだめをせねばならない。┐(´д`)┌ヤレヤレ
この間街中はゴーストタウンとなるのだろうか・・・。


Dscf1522

一応24日の午前中まではお店が開いているとの事だったので、旦那さまと街へ出てみた。
教会を覗いてみることに。
異教徒お断わり空気が流れているか・・・とも思ったがそんなことはない。
質素なツリーが飾られた教会内にはお祈りに訪れた信者が2人ほど。
キリスト誕生シーンの劇を子供たちが行うのは夕方4時かららしい。
来年機会があったら覗いてみよう・・・。


午後1時。一斉に店じまいが始まったので家に帰ることに。
と、「ドスン」というような鈍い音とともに「わっ 人がはねられた!」という旦那さまの声。

「どこどこどこっ???!!!」
「人が飛んでた」

交差点で人が車にぶつかり、ボンネットに乗り上げてフロントガラスに頭を打った・・・ようなかんじ。フロントガラスにヒビは入っていたものの、被害者は目に見える外傷もなく自力で歩いていた。

がしかーし・・・本日はクリスマス・イブ。
加害者はお父さんと同乗していた息子のようにみえたが、もうクリスマスどころではないでしょう・・・。少しすると救急車が来て被害者は運ばれていった。
トホホなクリスマス・・・。( ´;ω;`)ブワッ



さて、我が家はお城を見にドライブにでかける。
ここは「ギーセン」という街の「Gleiberg城」。残念ながら雨に潤んで視界は悪かったが、重厚な城と城下町の明かりが印象的な光景だ。
P1020602
Dscf1526

ドイツで初めてのクリスマス。
中世のお城を眺めるクリスマス。
旦那さまに感謝、感謝♪


帰ってきてからの夕食は特別気張った料理もせず、カレーライスを作って食べた。
日本直輸入のカレールーは貴重品ですから、これでも十分ご馳走、ってことで。

ご近所からはお肉を焼く美味しそうな匂い。こちらもスパイスの効いたカレーの匂いで応酬。
カレーのにおい・・・カレイ臭・・・聞こえはよくない・・・(笑)。


明けて26日。
あれだけ気合をいれて作ったクリスマスディスプレイとツリーをあっさり片付ける。
ドイツではツリーを1月中旬くらいまで飾っておくところもあるようなのだが、ジャパニーズとしてはお正月モードに切り替えなくてはなりません!

というのは言い訳。

実は・・・ツリーを腐らせたらしい・・・。

ツリーの木には根がなく、幹を水に浸けていた状態だった。窓際で陽が当たりすぎたためか、暖房の熱が強すぎたためか、水が腐ってしまったらしくクリスマス前から異臭を放っていたのだ・・・。
年中鼻づまりの私にはさほどの影響はなかったのだが、動物的嗅覚を持つ旦那さまには辛かったらしい・・・。Σ(;・∀・)

ということで、クリスマス終了とともに撤去!
ただいまディスプレイをはずされたツリーはテラスで風に吹かれております。これをどう処分したらよいのか・・・。しばらくご近所の様子をうかがうことにいたします。


« 世界の料理 | トップページ | ボスニア・スピリッツ »

コメント

車ではねた方もはねられた方もクリスマスっていうのは・・。
雰囲気的には大事にはなってないようですので、それが救いですね。
ドイツではケンタ・・いや、チキンを食べるというわけではないのですか?やっぱり、国によって違うものですね。店も閉店しちゃうし。

そして、テラスのツリーの行方やいかに!?

我が家は26日、さっさとクリスマスツリーは撤収いたしました。少々早いですが、しめ飾りを飾って、お正月モード突入!今日は近所で餅つきだし~
着実にデブデブになっていくわ・・・


>ichiroさん

ドイツでも丸ごとチキンなどがスーパーに出回っていましたが、クリスマスだからそれを食べなきゃ!といった意識は低いように思われます。
私が知っている欧米文化は、ほとんどがアメリカの影響・アメリカ文化だという事がわかりました…。


>misomamaちゃん

わっ、ここにもいた!26日撤去の人(笑)
しめ飾り他お正月グッズ、今からどうやって少ない物資で作ろうかと思案中です…。やっぱり折紙で…かな。

とうことで、海外クリスマスはやはり一味違うのですね。

人がいなくなったり、轢かれたり←それは“一味”じゃないだろー

今年一年でも色々と多くの事を学んでるようで羨ましい限りです。

ちなみに腐りましたか…

今後の行方が気になります(-o-;)…

風にふかれてユーラッ、ユラッ…

良いお年をお迎え下さいm(_ _;)m。


>おでみつさん

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、かなり多くの事を学びました。脳がかなり活性化されたようです。
がしかし、活性した脳を語学の方にまったく活かそうとしていない所が世間的にはマズイところです。

こちらの乾燥しすぎる風はお肌には悪いですが心は腐りませーーん♪(笑)

おでみつさんもよいお年をお迎えください。

ぎゃ。ツリー大変なことになっちまったんだね。
あの素敵なお姿から異臭が・・・

うおちゃん、だんなさん、良いお年をお迎えくださいね。
来年もドイツ面白雑記(勝手に)ブログもいっそう楽しみにしております。

そして来月、うちのだんなよろしくおねがいします。
いまどきめずらしいくらいにアジア圏越えるのお初です。
右も左もなんにもわからないですから~!!
心配だにゃ。


>naominさん

木の香りがちょっと激しくなっただけなんですけどね(笑)

旦那さまにはワイン用意してお待ちしております。でもゆっくりできないのが残念だなーっ。
そうだ、naominさんのメルアド教えて欲しいのですが、ブログ上では危険なのでどうしたらいいでしょう?
おでみつさんに聞けばよいでしょうか?(おでみつさんのアドレスは知ってます)

おでみつさんに聞いてください!^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の料理 | トップページ | ボスニア・スピリッツ »