フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 故郷の名 | トップページ | フォルクスワーゲン »

着物デビュー

ドイツで着物デビューを果たした!


旦那さまの会社で大勢のお客様を招くイベントがあり、私も参加させてもらった。
そこで日本企業らしく、来場者の名前を書道で書いちゃうというアトラクションを計画。

書道なんて20年ぶりかしら・・・。
ぶっつけ本番で、しかも墨が着物にハネやしないかとビクビクしながらのお手伝い。
「上手いか下手かなんてドイツ人にはわかりっこないから」という言葉に励まされ、いざ筆を握り締める。

P1020003






















「ギュンターです」「ガービーです」「ゾッホです」「マルベリータです」・・・・
・・・・なんだって?名前すら聞き取れないッス。

通訳さんになんとか日本語っぽい発音をしてもらい、ムリムリ文字にする。
社長の奥様も一緒に書いていたのだが、彼女は変な当て字を使わずに漢字でも書けそうな名前があれば漢字を使っていた。例えば「エリカ→絵理香」とか「サラ→沙羅」とか。
でも「ミシャエル(ミヒャエル?)」と言われてもねぇ・・・。「美紗得瑠」とか?!
私は有無を言わせずカタカナで押し切った!
が、書道でカタカナなんて書いたことないぞ。
カタカナであっても、漢字を書くときの“ハネ”とか“止め”とかちゃんとやった方がいいのか?
「ヒ」、「ホ」あたりがハネるんだったかなんだか自分でも書いててわからなくなったわ。
「クリスティアーネ」って長いんだよね・・・半紙に縦一列で書くには・・・。



さて、肝心の着物。
褒め言葉を言ってくれる方もいたけれど、思ったより反応は薄かったような気がする。年配の方が多かったからかもしれない。他国の民族衣装などたいして興味がないか、既に知っているからか。

P1020016






















ドイツでいっぱい着物を着たい!と思って、パーティーに出るようなちゃんとした着物ではなく普段家で着るようなラフなものも持ってきたのだが、どうしても大げさになってしまう。
特に電車とか汚いから(平気で座席に靴のまま脚をかけたりするし、飲食してるし)気になってしまう。
なかなか着るチャンスが無いのも残念だ。


●本日の着物●
紫色の小紋
青地に草花を全体に散らした名古屋帯。紫色のボカシが入っているのがお気に入り。
秋をイメージして、黄金色の帯締めをポイントに。


« 故郷の名 | トップページ | フォルクスワーゲン »

コメント

書道上手い!着物素敵!是非お顔も拝見したかったもんだwink
着物、うおこちゃんの自前なんだね。(レンタルなんてないよね・・・ドイツだもんね)
着付けもできちゃうの?
すごいな~
着物に黒髪。いいですの~heart04

いやはや着付けを自分でされるとはビックリです。

しかも字がキレイですね…

個性的な書体(個人的には世の中皆様がとても個性的で自分が一番まともだと思ってますが)の当方としてはうらやましい限りです(いやっ、羨ましくなんかないぞ←意地)…

外国に暮らしますと改めて自国の文化の大切さが実感されるのではないでしょうか。

着物、書道、茶道、生け花、日本舞踊…

でっ、そんな敷居が高くもないのですが結構喜ばれるのが折り紙。

折鶴の一つでも目の前で折って差し上げるとものすごく喜ばれますよ。

これは実体験です。


それでわ

芳名、大きっshineなのに美しい~happy02
左利きの私はどうも、書き順に書くと筆がけば立つので、
苦戦した記憶があるなぁ~

着物も大人の配色だねぇ。
髪結いも専門の美容師さんがいないから大変そうだけど、
着物の似合うのは日本人だけ、価値アリと思うよshine
季節に合わせて色や合わせ帯を変化させる、達人happy01

>misomamaちゃん

インチキ書道だよ~。書道でカタカナって書くっけ~?
「自分の名前と(たぶん)旦那さんの名前を1枚の紙に書いてください」って言われて、「と」だけ平仮名で書くという掟破りをしている所さ(笑)。
書道愛好家に怒られそうだよね~。
着物は自前よっ(* ̄ー ̄*)フフフ

>おでみつさん

三十路を迎えた頃、日本女性としてこのまま歳とっていいのか?!と思い、突然着付けを習いましたの…おほほほほ。
日本で地味に着物好きを自称しておりましたが、ここで役に立つとは。

文字は…おでみつさんの素晴らしい字、覚えております。
達筆でしたよねぇ。何度も顧客葉書で読めない字を読んでもらったような記憶があります…( ̄▽ ̄)

折り紙!いいですよね。
鶴ならバージョン違いで3種類くらい折れるので次回こんなイベントがあれば折り紙披露したいです~。
言葉を話せない分、実演でカバー!みたいな…

>yummycoちゃん

書道、左利きには辛いよね…。
だって絶対無理な書き順になってるんだもん。

髪ゆいよりも、ホテルでの着付けが大変だったよ~coldsweats01
ペンション風のこぢんまりした古いホテルだったもんだから、姿見が部屋になかったの。
足元見えないと今の私には上手く着られない~っ。しかも洗面所に付いてた横長の鏡は付いてる位置が高くて、背中に回した帯も見えない。運良く取り外しが出来たので、旦那さまを鏡持ちに指名して悪戦苦闘で着たよ~。(;´Д`A ```

ぶふふ。思い出すよ、おでみつさんの字。なんでだか読めちゃうときがあって不思議。たぶんね、あれは暗号だったんだろうなぁ~。
なんつって。ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

うおちゃん似あってる~!
紫に小金色ってのがいいねェheart01
着物は便利だよね、パタンと小さくたためるし、小道具ひとつで同じ着物の雰囲気変わっちゃうし。
また着物の写真アップしてねhappy01楽しみ♪

わたし最近ぜんぜん着てないから
着付け忘れちゃったかも!

>naominさん

そうそう、おでみつさんの暗号にょろ字( ´艸`)プププ
naominさんも着物着れるんですか~?
帰国したらぜひぜひ着物でランチにいきませぅ~heart04
(↑友達と“着物ランチ”に憧れてる私…)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 故郷の名 | トップページ | フォルクスワーゲン »