フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« カンテラ | トップページ | ハニムーンは南の島へ② »

ハニムーンは南の島へ①

『大西洋のリゾート地・カナリア諸島に初上陸』

1











青い空、輝く太陽。容赦なく照りつける陽にきらめく海。
地面にくっきりと落とされた椰子の木の影を踏めば、ここはもう南の島。
誰もが開放的な気分に満たされるのだ・・・。



んが、しかし。
これは悲劇のはじまりだった。
身体の丈夫さだけが自慢でこの1年半の間、ハードワーク&退職&結婚式準備&結婚&渡独という苛酷な環境の変化にも動じることのなかった私。
それなのに、風邪ひいちゃった。

気力を振り絞って行ったものの、滞在日数の半分くらいは寝ていたという(笑)
これはトホホな我が姿と、それでも満喫した新婚旅行の記録・・・。



身体に異変が生じたのは出発の3日前。
なんかちょっと喉がイガイガしているような?

念のためしっかりうがいをして風邪薬を飲んだものの、私は高を括っていた。
ちょうど夜のコンサートに行く予定や、日本から知り合いが来て食事に出かけたり・・・と、いろいろやることがあったのもある。
出発の日の朝、旦那さまに内緒でこっそり熱を計ったら36.7度。普段体温が低い私にとっては立派な微熱だ。

「保険がきくならキャンセルしようか」という旦那さまに、「せっかくなのに行きたい~っ」と申し立て、決行。

なんと言っても今回はただの旅行ではない。
スペイン本土からさらに南下したカナリア諸島への新婚旅行なのだ。
緯度でみるとモロッコ南部と同じくらい。スペイン領とはいえ、位置的にはほぼアフリカ。サハラ砂漠のあたりといえば解りやすいか。

日本に居たら絶対に行かないであろう地域に行きたい、という旦那さまとの共通の考えでここを選んだのだ。長期滞在バカンス in 南の島 の、デビュー戦!
行かにゃーなるまぃ。


2











午前10時半、コブレンツ駅を出発。冷たい霧雨が身体も心も冷やしていく。
本日は移動のみ。

3











日本でいう新幹線のような高速電車ICEの一等席で空港に向かう。
一等席だなんてはじめて。がしかし、私はローテンション。

4











フランクフルト国際空港に着いた。
喉が最高に痛かったので、日本より持参したマスクを装着。
日本では新型インフルエンザが蔓延しているようだが、ドイツでマスクをしている人なんて見たことがない。おそらくこの空港内でマスクをしている人なんて私一人だけだろう。


外の天気が悪いとはいえ、南国へ行く人たちは比較的軽装だ。そんな中、一人ウールのセーターにストールを巻き、さらにウールの上着を着込む私。ついでに顔の半分は隠れるマスクに眼鏡をかけた姿は、さそがし怪しく目だっていたことだろう。
一応パスポートチェックの所ではマスクははずしてみた・・・不審人物すぎるから。


しかし何をボーっとしていたのか、ペットボトルの水を手荷物に入れたままセキュリティーチェックを通ってしまった。
当然、止められる。あ、忘れてた、捨てて下さいという仕草をしてみたものの、「全部飲み干せ」とな。喉痛くてフラフラしているんですけど・・・。周囲の人が見守る中、水をがぶがぶラッパ飲み。ふぅ・・・。

5











ここからは5時間のフライトとなる。
熱が上がってきたのだろうか。関節の節々が痛みだした。
機内食が出たが、食欲は無い。ドリンクも温かいものといえばコーヒーか紅茶しか無いところが辛いなぁ。日本だったらスープやお茶があるのに・・・。

6











着陸態勢に入る前におやつが配られた。ドイツ人大好き「ハリボー(硬めのグミみたいなもの)」だ。
その瞬間、機内には歓喜のざわめきが。
「わーいっ」ってかんじで、みんな次々に袋を開けてゆく。若い人だけでなく、かなり年配のおばあちゃんもむっしゃむしゃ。

えーっ、ついさっき機内食たべたばっかりじゃん。
もちろん私はカバンにそっとしまう。

7











やっと着いた。
空港の周りは何もない。丘のような山が見えるのみ。
気圧の変化は思いのほか身体にダメージを与えるとみた。この時点で私はかなりクラクラしてて眼も虚ろだったかもしれない。

8











ホテルへと向かうバスからの景色。
ここがリゾート地・・・?
荒廃した大地がひたすら続いているかのようだ。もう夜に近かったのと悪天候もあって、想像していた光景とのギャップは激しい。それが身体の重たさに追い討ちをかける。


チェックイン後、豪華五
ツ星ホテルを探検する元気もなくベッドに横たわる。旦那さまには一人で探検してもらう。かたじけない・・・。
夕食中はひたすら自分を励まし続けたが、もう限界。
ハニムーンの最初の夜だなんて甘い響きはもはや関係ないのだ。

確か夜の10時前にはベッドに倒れこみ、初日終了。

チーン ご愁傷様でした。

« カンテラ | トップページ | ハニムーンは南の島へ② »

コメント

あらら‥
無理しちゃったね。
後々笑い話になるネタだけど、当人は悔し涙でしょ

晴天のリゾート感いっぱいの写真と共に
回復して、楽しんだ写真が次回伺える事を願うわ。

わぉ~。。。
大変でしたね。一気に疲れが出たんでしょうね~。^^;
だんなさまもさぞかし心配したことでしょう。

そういえばね!(笑)(わらいごとではない。)
妹も新婚旅行でインフルエンザにかかり
初日から38度で
旅の途中病院によって注射打ちながら
旅行してたっていうの思い出しました。なんつう根性・・
っておもったけど
ここにもいました。ぶふ。

カナリア諸島素敵なところへハネムーンだね^^
記事楽しみにしてます。体調はもう復活したのかな?お大事にね。

>yummycoちゃん

本当に、悔し涙だよ。
いっつも元気なくせに、何故このタイミングで?!
謎だ~っ ここ数年の中の「うおこ七不思議」のトップにランクイン~


>naominさん

うわわ・・・妹さんの方が重症です!
私はまだひとつの所に滞在していたけど、移動があったら辛かったと思います。
不運な妻、そこにもいたのね…。
今はすっかり回復!毎日ネットしてゴロゴロ…

うおこの運命やいかに?(いかだけに)

続きを楽しみにしております

あれま~ 大変そうな船出だねぇ・・・
最後は回復していることを祈るわ。

>いかちゃん

次回もトホホ状況をお伝えするわ~。

>misomamaちゃん

さすがに最後には回復したけど、最初どうなるかと思ったよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンテラ | トップページ | ハニムーンは南の島へ② »