フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« お互いさま | トップページ | 故郷の名 »

冬への恐怖

冷風吹き荒れ、日本では台風情報に敏感になっている頃だろうか。
梅雨、台風といった季節の風物詩の無いこちらドイツ中西部も、やはり秋真っ盛り。いや、もう晩秋に近いかな・・・。

Dscf0831














かつてこれほどまでに“地球の傾き”を感じたことがあっただろうか?
うんにゃ、ないな。

↑何を言っているかと言いますと・・・。
太陽が昇って、沈んでいく位置が夏と今とでは恐ろしく違うということに気づいてしまったのだ。
もちろん日本でも当然夏と冬とでは違ったのだろうけど、その比ではない。

我が家のリビングルームは東と西に大きな窓がある。
夏の朝は東の窓から太陽がぐんぐん昇って行くのが見え、家具の日焼けを気にするほど陽が差し込んだ。太陽が高いので正午もずっと陽が入り、夜の8時を過ぎた頃西の窓から夕日を眺めた。
そして10時にやっと暗くなる。太陽はとても大きな弧を描いていた。

それが今や、朝7時に起床すると外は真っ暗。
30分後にようやく明るくなるものの、東の窓からの日差しは少ない。
あれ、太陽さん、もう南へ移動してしまわれるのですか・・・。

Dscf0811












朝7時はこの暗さ!


午後になってようやく西の窓から斜めに陽が入ったと思ったら、午後6時半、「あれっ?!もう日の入り?」。
まだ全然西窓からの太陽を見てないですよ。
昇る位置と沈む位置が夏とは日に日にズレていっているのを感じる。
弧がめっちゃ鋭角になってきてますやーん。

あのー、北欧の方で「白夜」ってありますよねー。あの現象が起こる原理に近いものがある・・・。


旦那さまを筆頭に、ドイツの冬を知っている者たちは口を揃えてこう言うのだ。
「冬は最悪だよ」と。

げっ

「暗いし寒いしどんよりしてるし、かと言って雪も降らないし。」

げげっ

「駐在員の妻が鬱になるって話も聞くよー」

・・・・・・・・。


既に夏が恋しい。
テラスで夕食をとったり、ロウソクを灯して夕涼みした時期もあったというのに・・・今や植物は枯れ、雑巾を干す時くらいしかテラスに出ることはなくなってしまった。
太陽の出入位置の軌跡が冬への足音となって私に迫る。

カムバーック サーモン!!
(あ、ついローカルな台詞が・・・)


11月からいよいよ冬のスタート。
あと半月。
熱い紅茶片手に今日も外を眺める私。


過ぎし日を テラス越しに しのぶ暮れ   by うおこ

« お互いさま | トップページ | 故郷の名 »

コメント

電気代、かかるねぇdash
観葉植物が育たないのは滅入るかなぁ‥。

昨日移動中カーラジオで、インド人がゲストで話しててね、
年の5ヶ月は雨季なんだって。それで、夏は物凄く熱いって。

日本は四季に恵まれて(北海道は更に)いると実感するね。
6時前後に起きる私だけど、夏なら5時前後、空が明るいから
気持ち良く起きれるんだよね。

ドイツの方でさえ「悪魔」という冬ってcoldsweats02
写真で見る夜景(朝景か‥)は、町の灯りが近いのが救い?

富良野の実家の夜、隣まで300mで夜はベタ墨の漆黒で街灯なし
それを思い出したよ。

>yummycoちゃん

レスポンス遅くなってごめんね~。

そうなの。
朝明るくないと気持ちよく起きられないよね。
生まれてからずっと同じ季節感で来たから、それが変わると慣れるまでに時間がかかりそう。

ああ~・・・だんだん気にならなくなるよ。
トロントに住んでるとき、いつまでも夜にならなくて
私もビックリした覚えがあるけどね~smile

>セアガさん

いや、気になるでしょうshock
いつまでも夜にならないのは大人にとっては歓迎ですが、朝がいつまでも暗いのは憂鬱だよ。
真っ暗な中、お弁当作ってご飯食べて出勤するのって元気がでないよ。

ドイツってそうなんだね~イメージがわかなかったなぁ。
大~~昔に北欧に行った時の
白夜の体験はすごく素敵だった。確かに朝、まっくら。でも旅行者だからはしゃいでたのよね・・・
おうちのなかはインテリアも照明も
すべてがおうちの中を快適にするものばかりだったなぁ。
そうだね~長く暮らすとなると
朝が暗いのは元気が出ないよね^^アロマとか~照明で乗りきるのだ~。香りは元気が出ます。オレンジなんかいいよ~♪
ちなみにわたしはゼラニウムのオイルも好きです。

>naominさん

白夜を体験したんですね~
日本では誕生日と花火やるときにしか使ったの事の無いロウソクを今年は楽しもうかと計画中で~す。
香り入りのロウソクもたくさん売っているし。
ゼラニウムのオイルってどんなのだろ・・・。

そうか~、太陽さん、大事ね。
スウェーデンもろうそく屋さん沢山あって、いろんなタイプのろうそくが売ってたよ。色とりどり。綺麗だったな~

別件ですが、ハロウィンの飾りも見たよ。めんこいね~wink
折り紙ってのがいいわ。

>misomamaちゃん

いつもコメントありがとう。
ローソクを楽しむなんて、すごくヨーロッパチックな響きなので今年は積極的に使ってみようと思いますbirthday

いやっ、物事のはとらえ方しだいですよ。

当方も、とあるワークショップで20代後半にノルウェーに行きました。

時期は九月で丁度白夜の洗礼を受けました。

どんな洗礼かと言いますと、講義は夜の8時、9時までが当たり前。

それから毎晩飲み会が始まり、寝るのは3時くらい。

でつ、早朝(だいたい6時)からまた作品制作など…

人間、日が出ていると数字に基づく時間的な感覚なんて無視してついつい動いてしまう生き物なんでしょう。

平均睡眠時間が2~3時間という日々がごく当たり前のように一週間以上続きました…

個人的には冬が一番すきな季節で、早く日が暮れたら早めに晩御飯にしよう、早めに寝よう、その分、日が出ている間は集中して作業をしよう。

夜行性の人間だから暗がりが好きなんですな。

というかビールが早くから飲めるのがうれしい(爆)

冬は冬の楽しみ方があると思いますよ。
(ただし寒い季節のカタログ地獄はもうゴメンですが…)

それでわ

>おでみつさん

白夜ですか・・・ずっと日が沈まないというのも辛いものがありそうですね。
そうですね、冬になれば楽しみがあるかもしれません。が、うちは夫婦揃って外へドライブ行くのが好き&寒さ苦手なもので…うーん、なにか楽しみみつけたら報告いたします。( ´・ω・`)>

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お互いさま | トップページ | 故郷の名 »