フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 食糧事情 ―その2― | トップページ | さかなとアイリスとわたし »

ライン川デート

旦那さまとデートをした。
結婚してからもどこかで待ち合わせして食事、っていうのもよいものだ。

仕事が終わる頃落ち合い、ライン川沿いにあるケルンの旧市街へ。


Dscf0012











細い路地にぽこぽこした石畳が続く。
けっこう歩きにくい。


Dscf0019











「ケルシュ(ケルンの水の意)」という少し軽めのビールを提供するビアホールなどが軒を連ねている。


Dscf0018











仕事帰りにライン川を眺めながらお酒と会話を楽しむというのが彼らなりのスタイルだ。

まっ、彼らにとってはビールは水に等しいから、お酒飲んでいる感覚ではないのだろうけれども。


Dscf0014











ドイツ下町の味、シュニッツェルを注文してみた。
シュニッツェルとは薄い豚肉に衣をつけて油で揚げたトンカツみたいなもの。
マッシュルームソースがかかっている。これにフライドポテトが大量につけあわせてある。

もちろん食べきれず残した。


Dscf0016











デートに甘いものは欠かせず。
バニラアイスクリームにたっぷりクリームと温めたさサクランボソースを添えて。

ジャムやソースなどに加工されたサクランボって、私の中では“外国の味”というイメージがある。ちょっとお酒を利かせたような・・・。



Dscf0020











食後はライン川を散歩。
ライン川を眺めて何を語り合っているのか・・・。


Dscf0030











ケルン大聖堂をバックに、ライン川に架かる橋を歩いて渡った。


Dscf0026











途中の鉄柵には恋人たちの名前や日付が記された南京錠がいくつもいくつも取り付けられていた。
遥かなる長い歴史を見守ってきたライン川に、恋人たちは固い絆を鍵に託して訪れたのか・・・。


「ねぇねぇ、私たちも今度南京錠付けに来るか~」
と、半分冗談で旦那さまに言ったらば、
「ミーハーかっ!」
と、冷たい一言でライン川デートは終了した。

« 食糧事情 ―その2― | トップページ | さかなとアイリスとわたし »

コメント

いいな~素敵!この甘そうなデザートは私の旦那様も好きそう・・・。私はライン川を眺めながらのビールがいいな。
ドイツの人達って仕事は定時に終わって、こういう時間を楽しむのかしら?日本人ももっと、仕事以外の時間を有意義にすごせばいいのにね~

>misomamaちゃん

記事投稿者(私)は今まで「撫子」でやってきましたが、今日から「うおこ」に変えましたpisces
その方が私っぽいのでhappy02

日本人は仕事以外の時間を有意義に過ごすという点ではドイツ人を見習ったら良いと思います。時間がゆったり流れると思う。

なんか、いい雰囲気ですね。
日本より時間がゆっくり流れている感じがします。
会社帰りのデートなんて羨ましい!!
かなり前に、とあるドイツ料理店に行ったのですが、ビールもソーセージもめちゃ美味しかったですよ。
また行きたくなってきました。でも、もう全然覚えてないですけど(笑)

>ichiroさん

コメントありがとうございます~。私は今後「うおこ」という名前で書かせていただきます。

日本も会社が定時で終わればいいですよね!毎日残業をしていたOL時代とは、本当に違うスタイルに驚かされます…。

そんな何でもないような日常の夫婦の時間が、
未来へ繋がる大切な時間だと思うよ。
ロマンチックだ~~~~
シングルだと歩けないな。
ミーハーで良いから、南京錠して欲しいなぁ。

>yummycoちゃん

でしょう?ミーハーでいいからそんなノリも悪くないよねぇ。
でもクールな旦那さまには通じなかった(´・ω・`)ショボーン
yummycoちゃんの旦那さまはどうかなぁ?

私から発する愛には飢えているはずなので、
私から言い出したら面倒臭そうに喜ぶはず。
でも、私はそんな事願わない。自由が良い。
指輪さえ、手錠みたいでしてない夫婦だから!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食糧事情 ―その2― | トップページ | さかなとアイリスとわたし »