フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 冬眠から覚めて | トップページ | 頑張って日本食 »

食糧事情 -その1-

今日は朝から雨。

こうなると買い物に行くのが億劫だ(車もないし・・・)。

事前情報では、ドイツでは食料品の品揃えが期待できない(特に野菜)、という話を聞いていた。

こちらに来て初めて旦那さまと買い物に行くとき、

「お買い物メモをつくっていったら? (希望する食品は)無いと思うけれど(笑)」

と言われた。

そしてそれは事実だった。

無い・・・少ない・・・

納豆、豆腐、漬物、こんにゃくなどが無いのは当たり前としても、魚介類も無ければ野菜の品数も少ない!

例えば日本で代表的だけどこちらにないものといえば

ゴボウ

かぼちゃ

春菊、水菜、小松菜、青梗菜・・といった葉もの野菜

キノコ類・・・

インゲンなどの豆類・・・

キノコといえばマッシュルームとエリンギしかない。

オーガニックショップみたいなところへ行けば「shiitaki」との表示で椎茸が売っているが、近所のスーパーにはない。

環境的にキノコは栽培できないのかしら。

魚介類は冷凍のエビ、サーモン、あとよくわからないサバみたいなもの・・・

しかもこれら、お店によって品揃えに差がある。

旦那さまが一人でドイツに住んでいた時、「冷凍のほうれん草を見つけた~!!」との喜びのメールがあった。私は内心「今までよく見てなかっただけなんじゃないの~」と思っていたけど、でも本当だ。生のほうれん草もあるけれど、お店によっては置いていない。

どこに行ってもあるのは「ニンジン・タマネギ・ジャガイモ」だ。

旦那さまはこれを“3種の神器”と呼んでいた。

これによって生かされているということらしい・・・。

男の一人暮らし。ただでさえお料理のレパートリーが少ないのにこの食材ではさぞかし苦労しただろう。買い物にいくたびにがっかりする姿を想像したら涙が出そうだ。

確かにこれで日本食を作れと言われても、調味料がなければ私も頭を悩ませる。

もちろん、逆に日本ではあまり見られない「なんだこりゃ」食材もある。それらを使って洋風料理を作るならよいのだけれど、和食を・・・となると大変だ。

目下の目標はなんとか工夫して日本食をつくること。

では、椎茸求めて、リュックサック背負って街まで買い物に行ってくるとしますか。

最後に“なんだこりゃ”食材をちょっとご紹介。

Dscn5495b

ほおずき・・・?

スーパーに売ってるもんなんですね・・

Dscn5501b

なんだこれ・・・

野菜・・・のようだけれど。

剥いていけば何かが現われるのか?

« 冬眠から覚めて | トップページ | 頑張って日本食 »

コメント

2枚目の写真の右側の野菜、これはアーティチョークかな?
その隣の赤い物体は…ビーツとか?
ヨーロッパでは食用ほおずきはポピュラーな食材みたいですね。
味は「甘酸っぱい」のだとか…
きわめて限られた食材で日本食を作るのは
大変そうですね…

>しまりすちゃ~ん

「アーティチョーク」みたいですね!!
ネットで検索したところ、ふかして食べるみたい。
なんでもサツマイモをふかしたような味がするとか・・・。
でも食べれるところは根本のほんとうにちょっとしたところだけみたいだよ。

旦那さまに「買わなくていいからね」と言われてしまった・・。


情報ありがとう!
とっても余裕ができたら一度くらい試してもいいかも♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬眠から覚めて | トップページ | 頑張って日本食 »