フォト

編みぐるみ作品

  • 28 顔デカ ダックスフント
    手づくりの編みぐるみ作品を販売しています。 作品はオーダーメイドです。 作品参考例をご覧下さい。 ご注文、質問等はメールにて。 このブログのコメント欄にメールアドレスをご記入ください。 折り返しご連絡を差し上げます。
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

サツマイモに似て非なるもの

coldsweats02このブログは平凡なOLがドイツ居住を実現させるまでの徒然奮闘記である

ドイツでひとり暮らしを続ける旦那様は、毎日の食事メニューに頭を悩ませている。

料理レパートリーが少ないのに加え、日本的な食材が無いときたもんだ。

そんな彼の今日のご飯はふかしたサツマイモ。

寒い時期にはいいよね~。

がしかし、写真をご覧ください。

Photo

サツマイモだと思って買ったモノは似て非なるもの。

ななな、なんじゃこれ~っっ。

オレンジのぐちゃぐちゃ物体が中から...。とてもじゃないけれど、マズくて食べられないらしい。商品名が「スイートポテト」と書いてあったので、まぁ芋の仲間であることは間違いないと思われますが。

本来はどうやって食べるんでしょうか。

おそらく私も現地で遭遇するに違いない。

ご存知の方、教えてください!!

行く前にやること

hospitalこのブログは平凡なOLがドイツ居住を実現させるまでの徒然奮闘記である

ドイツに行く前にやることはたくさんある。

そのひとつに病院に行くこと。

言葉がまったく通じない中、現地で病院行くのは無謀な所業。

ってことで、まずは歯医者さんに行ってきました。

もし虫歯があるなら治してしまわねば。

幸い軽い虫歯だけだったので、麻酔無しで削り、ちょこっと埋めて完了。

その他に行くべき病院はどこですかね....。

ちなみにドイツでは、保険加入していると、開業医や大学病院でも診察費、検査費は無料なんだそうです。外国人であってもドイツの滞在ビザか労働ビザを持っている人は税金及び保険料を支払うことにより公的保険(厚生年金、老齢年金、失業保険等)の適用を受けることができます。ただし保険料はけっこうな額なんだとか。

和装vs洋装

virgoこのブログは平凡なOLがドイツ居住を実現させるまでの徒然奮闘記である

今朝のテレビで、沢尻エリカさんが明治神宮で挙式をしたニュースが流れていました。

鶴の刺繍が施されたとっても素敵な和装姿が印象的。

綿帽子代わりに頭を飾った白百合の造花もかわいらしかったわ。

やっぱり和装、素敵ですよねheart04

さて、みなさんは和装派?洋装派?

テレビでアンケートをとったところ、まだまだ洋装派が圧倒的で、若い人ほどドレス支持の傾向が強いようでした。

私にとってドレスは幼い頃、お姫様に憧れた夢を実現するもの。

何枚も何枚も自分でドレスをデザインしてノートに描いた記憶がよみがえります。

一方和装は、日本人としての誇りを纏う喜び。

これこそ、日本独自のものであり、唯一無二という思いが深まります。

大切なパートナーのため、一生に一度の衣装に身を包む....

ということで、私は和装に軍配あり。

ドイツの教会で式を挙げては?という意見もありますが、日本を発つ前に「日本」を堪能することにしました♪

あ、ちなみにネット情報ですが、キリスト教徒でもないのに単なる憧れだけでドイツ教会で式を行う日本人カップル、現地の方にはあまりいい印象はないそうですよ。

やはりドイツは特に信仰心の深い方が多く、教会は神聖なものだからでしょう。

でも日本人観光客を対象にした式を挙げちゃう用教会なんかもあるらしいですね。

寿にかけることば

gawkこのブログは平凡なOLがドイツ居住を実現させるまでの徒然奮闘記である 

いよいよ寿退社。

いろんな人への報告も同じことの説明に疲れてきた今日このごろ。

寿に対して、「おめでとう~」と言ってくれるのは嬉しいのですが、

私の年齢を聞いて「あぁ、それなら子供は急がなくっちゃね」とか「(海外暮らしだから)健康に気をつけて元気な子供を生んでね」とか言う人がたまにいる。

それってどうなんですかね。

私が子供を生むには既に遅い年齢に達してますよって事ですかね。

結婚=子供を生むって考えているんですかね。

子供は欲しいし、一人ではなく何人も、と考えているなら急ぐべき年齢であることもまた事実。がしかし、結婚も子供もパートナーと考えるべきことであり、人それぞれの生き方があるのだから、そんなことを言われるのは余計なお世話だわ、と思ってしまう私。

私の事を思って親切に言ってくださっているのはわかりますので、そんなに目くじら立てるものでもありませんが、別にそんなこと人に言われなくたって...。

それはそれとして、海外に住むという滅多に経験できない事をするのだから、

新しい世界の方に私の目は向いているのです。

ヨーロッパに寒波

typhoonこのブログは平凡なOLがドイツ居住を実現させるまでの徒然奮闘記である 

ヨーロッパに記録的な寒波が来ている。...というニュースは、皆さんもテレビなどで聞いているでしょうか。

ほんとに、ほんとに寒いらしいです。死者も出ているとの事。

同じ気温だったとしても、ドイツで雪が降ることは滅多にないそうですが、

先日は積もったそうです。

Dsc00104

←1/5早朝

たぶん、北海道など雪国に比べたらさほど寒くはないのでしょうけれど、普段雪が降らない土地柄で降ると大変ですよね。交通機関、自分の冬装備、心構えなどなど...。

curry wurst

breadこのブログは平凡なOLがドイツ居住を実現させるまでの徒然奮闘記である

ドイツの料理ご紹介。

料理ってほどでもないけれど...。

Dsc00106

これはドイツでよく食べられている「curry wurst」というソーセージ料理だそうです。ファーストフードね。

あ、ちなみにポテトはオプションです。

curry wurstだけで200円強だそうです。お店によって様々で、小さなパンがついているところもあるそうです。

旦那様いわく、ポテトでおなかを膨らませているそうです。

んで、ポテトについているマヨネーズは別料金。

決して嫌いではないけれど、たまにならいいけれど、こういうのばかりだと...

ドイツに行くことに不安はないけれど、食事だけは気が重い。

頑張って日本食を食べよう!と思う私なのでした。

いよいよ

sun皆さんあけましておめでとうございます。

いよいよドイツへ渡る年が来てしまいました。といってもまだもう少し先ですが。

年末年始は旦那さまが帰国していました。

日本らしい年末年始を過ごそうと思いつつ、紅白歌合戦鑑賞もそこそこにお笑い番組などを見てしまい...。

初詣は歴史ある大きな神社に行ってまいりました。

人が多かったため、お賽銭箱に手が届かず。後ろから放った100円玉は黒山の人だかりを飛び越えて張ってあるネットにすいこまれてゆきました。

家族の健康と旦那さまのお仕事の成功とドイツでの生活の夢を乗せて....(たった100円でよくばりすぎ)

仕事も辞め、結婚をし、居住地も変わるという私にとっては変革の年となる2009年。

無病息災、家内安全を心から願う年明けとなりました。

皆さまも幸福な1年となりますように!

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »